ただ好きだという、この気持ち。

□ 今だけ在ればいい。 □

the five senses-1 重ね合わせた味(2)

「こっち向け」
「はっ?」
「いいから。ほら、回れ右」
 展開が読めないまま、それでも長谷川が回れ右をすると、再び向井と向き合う形になった。かと思うと、
「・・・ちょ・・・向井先生!?」

 向井の両手が長谷川の両肩を掴み、そのままぐいと前方向へ――長谷川にとっては後ろ方向へ――と押し出した。たまらず長谷川があとずさる形で後退すると、向井もその分勢いを付けて長谷川の肩を押してくる。後ろを振り返りたかったがその余裕もない。そして、

「うわ・・・わわっ!?」
 何かに足を取られ、そのまま仰向けにひっくり返った――と思いきや、長谷川の身体は柔らかなクッションとリネンとに受け止められた。身体が軽くバウンドする。反射的にぎゅっと目を瞑っていた長谷川だったが、どさりと倒れ込んできた気配を真横に感じて、目を開けた。

「・・・な? 二人で使えそうだろ」

 片肘をついて半身を起こした向井が、長谷川を覗き込みながら笑っていた。悪ガキみたいな、悪戯っぽい表情で。
 視線を合わせ、長谷川も微笑む。いけそうですね、と囁くと、向井はもう一度目元だけで笑ってから片手でメガネを外した。そのままベッドサイドに放り出す。
「あのな。俺はこれ、おまえからのお誘いかと思って結構わくわくしてたんだけど。まあ、結果オーライだ。・・・とにかく部屋は変更しなくていい。判ったか?」

 そう言っておいて返事も待たず、向井の唇が降りてきた。長谷川は目を閉じ、それを受け止める。キスする時にはメガネを外してくれと、そう言った時のことを不意に思い出す。
 あの時は俺はいっぱいいっぱいで、場所も病院のロッカー室だったりして、鍵は掛けられていたけどヒヤヒヤもので――というよりこんなことになるなんてまるで想像していなくて、ただ混乱していたっけ。
 それ以来、この人とは数回唇を重ねてきた。でもこんな体勢でキスするのは初めてだ。って当たり前だけど。
 でも、そのせいか・・・何だかいつもより、

 などと長谷川が内心呟いている間にも、向井は巧みに体勢を変えて、長谷川を完全に組み敷いてしまっていた。キスはずっと角度や深さを変えながら続けられていたが、向井はふと唇を離す。そうして長谷川の頬を親指でなぞる、

「こら。集中しろよ」
「してますよ。・・・部屋の件も了解しました」
 長谷川も微笑を浮かべて、向井の頬に手を添える。お泊まりデートですね、という言葉は何の気なしに口から出たが、その意味を理解した途端に頬が熱くなった。
 そんな長谷川を、向井は間近から見下ろす。ふ、とその唇が笑みを刻み、そのまま長谷川のそれに重ねてくる。
「・・・うん。最初からそう思ってたよ、」
 俺はな。
 
 そんな囁きは、殆ど唇どうしを触れ合わせた位置から落とされてきた。長谷川は返事代わりに、両腕を挙げて向井の首を抱く。再び重ね合わせた唇の間を互いの舌がつなぐ。どれだけむさぼっても足りない、そんな飢餓感に、瞬間的に襲われる。もっと欲しくなる。
 ・・・この人の全てが。

 キスだけでもこんなに甘い味を残す、この人の身体。
 直接舌を這わせたら、どんな味がするだろう。

「集中」
 再び向井に窘められて、長谷川は微笑む。そして自分から頭をもたげて、向井の唇をねだる。
「はい」

 

-end-
 



→ BACK
→ NEXT


*お題配布元;casaさま/the five senses/ありがとうございます♪「the five senses」で5話続きます。宜しかったらお付き合いくださいv




*拍手クリックで御礼SSに飛びます。
ぽちっと楽しんでいってくださいませ♪

*このお話が気に入ってくださった方はこちらも是非ぽちっと♪
ありがとうございます、大変励みになってます!

*    *    *

Information

Date:2014/06/24
Trackback:0
Comment:2

Comment

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/06/24 【-】  # 

* Re: こっちにもありがとうございます(^^)

まずはコメントの確認画面、ご不自由をおかけしてて申し訳なかったです~。
今朝気づいて直しました。文字認証だけを切ったつもりが、確認画面ごと「表示しない」にしてたんですね~。失敗失敗。
また何か気づいたことがあったらお耳打ちくださいませ。

さてさて、こちらにもコメントありがとうございます♪
ね、なんか、本館でひえーっとなった後、別館でホッとくつろぐ的な、そういうのありますよね?(笑)
あまりにも世界が違うので、確かに切り替えが必要になりますけども(^o^)

向井センセは、そうですね、多分両方OKの人なんだと思います。
ていうか、性別とかってさほど意識してない? そういう意味ではあまり物事について考えない人みたいです。
長谷川センセが可愛すぎる、っていうのもあると思いますけど(〃ω〃)

その長谷川センセはというと、考えすぎるタイプ。
このシリーズの2回目では、そういうところが仇をなして・・・以下明日につづく。

ということで、明日も別館更新です(笑)
本館がツライ展開になっているので、やっぱり逃げる場所が必要かなということで。
「集中」ってアレ、長谷川センセは多分職場でも言われてるでしょうね(萌)
2014/06/24 【なか】 URL #hc9S4FeM [編集] 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://kisschoko.blog.fc2.com/tb.php/12-95430278
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)