ただ好きだという、この気持ち。

□ 拍手御礼SS & etc □

バレンタインデー・キス2018-2(1)

「ね、渉さん」
 と同居人に呼びかけられた、その次の瞬間。俺は眉をひそめていた。
 いきなりこれはまずかったかと自分でも思わないでもなかったが、今のは脊髄反射のようなものだ。しようと思ってしてることじゃない。よって俺に責任はない。
 
「・・・まだ何も言ってないのに、何、そのネガティブな反応」
 相手はというと、案の定、ムッとした声で俺を責める。無理もないといえば無理もないのかもしれないが、前述のとおり、俺には責任はない。責められるのはむしろ、

「宏弥に『さん』付けで呼ばれると、ろくなことがないからな」
 問題はおまえの日頃の行いの悪さだ。暗にそう主張した俺に、同居人の佐上宏弥は一転してにっこり微笑んでみせた。
「今回は朗報です。というか楽しいお誘い。・・・バレンタインなんだけど」

 何が朗報、何が楽しいお誘いだ。
 この時点で話が見えた俺は、間髪入れず遮った。
「断る」
「・・・まだ何も言ってないのに、」
 またも不平を唱えようとした宏弥を、俺は更に遮った。
「バレンタインデーにかこつけて、ベタベタして過ごそうという誘いなら断る」
「えー、何で?」

 こう返してきたということは、やっぱりそのつもりだったか。
 絶対嫌だ、という気持ちをこめて、俺は言った。
「おまえ、去年はうちの病院まで来て、俺のこと出待ちしてただろう。しかも花束を持って」
「あー、赤い薔薇。あれさ、俺も後で反省したんだよ。薔薇よりむしろカサブランカが渉のイメージだったよね」
「・・・薔薇もカサブランカも却下だ!」

 今度は、明確かつ正当な理由のもとに俺の眉が寄る。本当にこの男ときたら、俺の調子を狂わせて喜んでいるとしか思えない。
「とにかく、人前でベタベタするのは性に合わない! しかも職場でなんか、普通だったら即刻別れてたところだぞ!」

 だから己の非常識な行動を反省しろ、と、俺としては言ったつもりなのだが。
 ここで目を輝かせるのが、こいつの不可解なところだ。
「普通なら別れてるところでも、俺とは別れなかったんだよね? ていうか別れてないよね、たった今この瞬間も。ってことは俺は渉にとって、普通を超えてるんだ? 要するに特別、そういうことだよね?」
「・・・・・・」

 特別なんかじゃない、と言ってやれたらどんなにスッキリしただろう。
 いや、今からでも言うだけなら言える。だが、一瞬空いてしまった空白の後でどう否定したって、虚しく響くだけだと自分で判った。
 だから沈黙を保っているだけなのに、宏弥はいい気になって、こんなことを言う。
「だったらバレンタイン、ちゃんと一緒に過ごそうよ。あれは特別な人と過ごすための日なんだからさ」
「いや、違うと思う」

 だってそうだろう。それじゃ、そういう人がいない場合はどうすればいいんだ。
 俺のこの主張は決して間違っていないと思うのだが、結局は宏弥に押し切られてしまった。

 宏弥の言い分はこうだ。
「特別って、何も恋人だけを指すわけじゃないだろ。家族だってそうだし友達だって、ペットだってあてはまる。自分だけで好きなことをして過ごすのも充分アリだと思うし。でも渉にとっての『特別』は俺なんだから、俺と過ごして?」

 自信過剰というか要求過多というか、とにかくどうかと思う。しかも宏弥の奴は、こう言って俺を脅したのだ。
「付き合ってくれなきゃ、今度は受付が開いてる時間に病院に行っちゃうからね。カサブランカのでっかい花束を持って、忍足先生をお願いします、って受付嬢に――いや、長谷川先生の方がいいな。受付に言って長谷川先生を呼んでもらって、長谷川先生から渉に連絡つけてもらう」
「・・・判ったよ。そこまで言うからには、きっちり喜ばせてくれるんだろうな? お手並み拝見だ」


→ BACK
→ NEXT

にほんブログ村 トラコミュ 大人のためのBL、MLへ
大人のためのBL、ML
にほんブログ村 トラコミュ オリジナルBL小説・・・ストーリー系へ
オリジナルBL小説・・・ストーリー系



*拍手クリックで御礼SSに飛びます。
ぽちっと楽しんでいってくださいませ♪

*このお話が気に入ってくださった方はこちらも是非ぽちっと♪
ありがとうございます、大変励みになってます!

*    *    *

Information

Date:2018/02/08
Trackback:0
Comment:2

Comment

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/02/08 【-】  # 

* Re: 相変わらずの渉くんです♪

hちゃんこんばんは~♪
昨日よりは元気ですが、なんかまだ元気になりきれない・・人間関係ってめんどくさいねー。もう私は、人間のいない国に行きたい。しくしく(>_<)

さてさて、今日からはビターエンドの二人です(^^)
このカップルは、宏弥くんのガッツで支えられてるよね(#^.^#)
宏弥くんのこのパワーがうらやましいわ~。
尽きぬパワーで愛されてる渉くんもうらやましいわ~!

ちなみにこのカップルは、無理やり2話におさめたので、一回ごとが長いです(>_<)
宜しくお付きあいくだされ!
2018/02/08 【なか】 URL #hc9S4FeM [編集] 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://kisschoko.blog.fc2.com/tb.php/1321-21c9ca69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)