ただ好きだという、この気持ち。

□ 今だけ在ればいい。 □

the five senses-2 心音に寄り添う(2)

 こういう状況で同室、しかも同じベッドで寝ないといけないのは・・・非常にこう、つらいというかいたたまれないというか・・・。
 ソファに置いたままだった自分の荷物を整理するふりをしながら、長谷川は向井の方をそっと窺う。
 向井はというとあれ以来無言のままだ。ドレッサーの前の椅子に同じく置きっぱなしにしていた荷物の中から明日の資料を引き出して、ドレッサーの上に投げ出したりしている。
 そうだ、と長谷川は自分に言い聞かせる。ここには、学会出席のために来ているんだ。それを忘れないようにしなければならない。というか、忘れなきゃいい。
 
 これはデートなんかじゃない。

「あの、」
 声を発するのにはかなりの勇気を要した。これから自分が言おうとしていることを考えれば、尚更。
 ただでさえ不機嫌な向井の不興を買うのは確実だった。ヘタすると嫌われて捨てられてしまうかもしれないとすら思った。
 でも、

「やっぱり僕はソファで寝ます。その方が向井先生も安眠できるし、明日の学会にも支障を来さないで――」
「・・・なんでだよ?」

 精一杯の冷静さを取り繕っていた長谷川の言葉を、いきなり向井が遮った。屈めていた上体を起こし、正面から長谷川を見据えてくる。
 だが長谷川は、その問いの意味を取り損ねた。軽く瞬きをしている長谷川に、向井は一瞬、舌打ちしたそうな表情を見せる。
 だが舌打ちの代わりに、向井はなおも問いを重ねてきた。もどかしげな口調で。
「なんでおまえはそう、一歩進んだ端から二歩下がってみせるんだ。俺のこと好きだって言ったりキスに応えたりするくせに、何でそうやって急に、自分には何も判らないみたいな素振りをするんだよ。それはあれか、駆け引きってやつか? だったら俺は悪いけどそういうの、」
「・・・違います!」

 咄嗟に声を上げていた。向井は言葉を切り、長谷川を見つめている。眼差しで先を促され、というより自分の内側からこみ上げてくる衝動に煽られ、長谷川は懸命に言葉を探った。
 いつの間にかソファから立ち上がっていた。向井の元までは二歩で足りた。向井もまた腰に片手をやり、顔を傾けるようにして長谷川と対峙する。
 言えるものなら言ってみろ。
 メガネの奥の瞳はそう言っていた。
 言っちまえ、と、唆していた。
 ・・・ずるい、とこの瞬間、焼けつくようにして思った。

「本当に判らないんですよ、あなたのことが! あなたこそそうやって、俺にキスしたり思わせぶりな態度を取ったりするけど、俺は一度だって言ってもらったことがないです。あなたが俺のこと、どう思ってるのか」

 何故かひどく息切れがした。心臓が物凄い勢いで打っているのが判る。向井は未だ沈黙したまま、それだけかと言いたげに長谷川を見ている。
 だから長谷川はなおも吐露してしまう。何もかも白状してしまう。冷徹なまでの向井の眼差しの前で丸裸にされて、自らを投げ出し全部さらけ出してしまう。
 始まりの、ロッカー室でのあの夜のように。

「つまりそれがあなたの意思表示なんでしょう? だから俺も悪追いしないようにしなきゃって――思い上がらないようにしなきゃいけないって! 時々つい調子に乗っちまうから、そういうのはやめなきゃって反省して、それで、」
 



→ BACK
→ NEXT


*お題配布元;casaさま/the five senses/ありがとうございます♪「the five senses」で5話続きます。宜しかったらお付き合いくださいv



*拍手クリックで御礼SSに飛びます。
ぽちっと楽しんでいってくださいませ♪

*このお話が気に入ってくださった方はこちらも是非ぽちっと♪
ありがとうございます、大変励みになってます!

*    *    *

Information

Date:2014/06/26
Trackback:0
Comment:7

Comment

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/06/26 【-】  # 

* Re: koさまv

まずはリンクの色、地味~に変えてみました。反映しているでしょうか。
ていうか、本館、既読と未読で色が変わるようになってました? いや、もしかして、今回のリクエストはこういうことではなかったでしょうか(あわあわ)。
またご要望などありましたらお知らせ下さい~。

さてさて、長谷川センセ。頑張ってます。もはや必死です(大笑)
向井センセは、明日長谷川センセも言いますけど、Sですから。それもドが付く(笑)
言わせたいんですよ~、全部。
行間を読むとか、知ったこっちゃないですから。

というわけで明日から♥です。
明日はまだ大したことないですけど、明後日としあさってはガッツリ♥です。
この人たちの♥はまだしもプラトニック寄りで可愛い、とか何とか私、ほざいた記憶があるんですが、そんなことなかった・・・。 _| ̄|○~
でも明日は向井センセ、男を上げますよ!(当社比)
見てやって下さい♪
2014/06/26 【なか】 URL #hc9S4FeM [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/06/26 【-】  # 

* Re: 少~し(笑)

そかそか。
こちらのリンク色、いろいろ試したんですけど、同系色がいいなあって。
それであんなマイナーチェンジになりました。
こ、心の目で見て下さい!!(笑)

♥、BLでまともに書いたの初めてなので、何かと不手際があるんじゅないかと、そっちの方も心配で・・・(もごもご)
まあこの人たちですから、それなりです。
けど、済みません、♥・・・書いてて楽しかった(^o^)
2014/06/26 【なか】 URL #hc9S4FeM [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/06/26 【-】  # 

* Re: 配色を

リンクの既読と未読、配色を逆にしてみました。

えんじ→未読
赤→既読

になったはず。
あの赤の色の方がバランス的に落ち着くし、みなさんクリックしておらを赤く染めてけろ!という願いをこめて♪

っていきなりナマって済みません。今、マイベスト「あまちゃん」(ツボの回だけハードディスクに残してあるのです)を見てたので。
「あまちゃん」面白いですよ~。koさまも機会があったら是非v

・・・やっぱり療養してない私です(^o^;)ゞ
2014/06/26 【なか】 URL #hc9S4FeM [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/06/26 【-】  # 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://kisschoko.blog.fc2.com/tb.php/14-cf904a39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)