ただ好きだという、この気持ち。

□ 今だけ在ればいい。 □

ワンダフルライフ(82)

 出だしこそ芸能レポーターさながらだったが、中盤辺りからどんどん深刻化した内容に、葉子も一征も表情を改めた。心持ち前傾姿勢になり、向井の答えを待っている。

 そんな三人を、向井は再び等分に見やった。同時にそれは、言葉を選んで回答を組み立てる間でもあったのだろう。答える口調に淀みはなかった。
 途中で差し挟まれる合いの手にもペースを乱されることなく、応答を続けていく。

「出会いは職場。俺が所属していた医療チームに長谷川――いや、大貴くんが配属されてきたのが始まり。・・・ああ、普段はお互いに名字呼び。そうだね、最初の頃は俺もムキになって名前で呼ばせようとした時期もあったけど、そういうのはすぐにどうでもよくなった。そんなことより、彼が俺の傍にいてくれることの方が重要だから」
 
 この台詞にはデジャヴがあった。長谷川は記憶を辿る。
 ・・・そうだ。近衛先生が学くんと付き合い始めた時だ。名前で呼んで欲しがっていた近衛先生に、向井先生は言ったんだ。好きなように呼んでくれたら自分はもうそれでいい、って。

「ああ、普段通りの呼び方でいい? いや、俺としては、ここぞとばかりに名前で呼ぶのも楽しいんだけどね」
 長谷川がしんみりしている間に、話はいきなり脱線していた。慌てて会話に割り込む。
「いえ先生、普段通りでお願いします。・・・名前で呼ばれると背筋がざわざわするので」
「何で? まるっきり慣れてないわけでもないだろ」
「・・・・・・ノーコメントです」

 ひゅーひゅー、と優莉にこっそり囃し立てられ、長谷川は思わずキッとして優莉を睨んだ。自分の役目忘れてるだろ、と目顔で諫めたつもりだが、伝わったかどうか心許ない。
 一方の向井は、何事もなかったかのように質疑応答へと戻っていた。

「恋に落ちた、って照れくさい言い方だな、まあそのきっかけは・・・」
 何だろうな、と少し考え込んだ向井の横顔を、長谷川もついまじまじと見つめてしまう。これは自分としても是非聞きたい。

 そんな長谷川の隣で、向井はテーブルに両腕を乗せると手を組み合わせ、軽い前傾姿勢になった。インフォームドコンセントで患者に病状その他を話す時の格好だ。
 本腰を入れて説明することにしたのだろう、と長谷川も察したが、それにしても、とも思う。こういうポーズが、どうしてこの人はこんなにも様になるんだろう。

「最初はもちろん、恋愛感情はなかった。そういう対象だとも思ってなかったし。単なる新人だって認識だったな。いや、単なる、じゃないか。極めて有能な、新人。何しろこいつは最初から話が通じたから」

 その言葉が、長谷川にとってどれほど嬉しいものだったか――その場の誰にも、向井本人にさえも、きっと判らなかっただろう。
 昔の自分に教えてやりたい、と、泣きそうな気分で長谷川は思っていた。
 この人にだけは馬鹿だと思われたくないという、その一心で頑張っていた、昔の自分に。
 
「飲み込みも早くて、一度質問したことは二度訊かないし同じ失敗を繰り返すこともなかった。こいつは使える、って認識はじきに信頼になって、長谷川の存在は俺の中でどんどん大きく、特別になっていって――長谷川が俺以外の人間に笑いかけていたらムカつくようにまでなっちまってた。そんな矢先、長谷川から告白されて、あとは一気に。って感じかな」


→ BACK
→ NEXT

にほんブログ村 トラコミュ 大人のためのBL、MLへ
大人のためのBL、ML
にほんブログ村 トラコミュ オリジナルBL小説・・・ストーリー系へ
オリジナルBL小説・・・ストーリー系



*拍手クリックで御礼SSに飛びます。
ぽちっと楽しんでいってくださいませ♪

*このお話が気に入ってくださった方はこちらも是非ぽちっと♪
ありがとうございます、大変励みになってます!

*    *    *

Information

Date:2018/05/03
Trackback:0
Comment:2

Comment

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/05/03 【-】  # 

* Re: フォーリンラ~ブ♪

hちゃんこんにちは~♪

密林さんはギャグパターンもあるので、拍手SSでやるならそっちかなー(^^)
アダルトバージョンは離れゆきだねー、書いたとしてもね(^o^;)
ほんとに、手も脳も千手観音になれたらいいのに~。本編もなかなか進まず、うだーってなってます(><)

さてさて、今日も向井先生、語っております!
「恋に落ちた」は香葉ちゃんに訊かれた言葉を繰り返してああなったんだけど、向井先生の語彙にはない言葉だろうねー♪
とはいえ、落ちたとしか言いようのない恋だったんだろうなあ、長谷川先生とのこれは(何故かしみり)

ま、訊かれたから答えてるには違いないけど、でも、ちゃっかり楽しみも見つけてるよね向井先生!
ここぞとばかりに、人前で名前呼び~(≧∇≦)
そしてなれそめの話! ホント、照れくさいやらむずがゆいやらですよ☆
告白のくだりも、長谷川先生が、自分が先に好きになったって激白しちゃったのを受けて・・・かな? 単に事実を告げてるだけともいうけど(笑)

こんな話、しかも肉親の前で・・・! 考えただけで恥ずかしくていたたまれませんが(笑)、長谷川先生にはもうちょっと頑張ってもらいましょう☆
ということで明日も向井先生、語ります。
2018/05/03 【なか】 URL #hc9S4FeM [編集] 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://kisschoko.blog.fc2.com/tb.php/1406-0b30c816
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)