ただ好きだという、この気持ち。

□ 今だけ在ればいい。 □

ワンダフルライフ(120)

 さてどうしよう、と長谷川は考える。彼女の襲来――もとい、紹介のことは、向井先生には内緒にしておいた方がいいだろうか。
 それとも話して、また嫉妬混じりの乱暴なやり方で抱かれてしまうか?

 それもいいな、などと、しかも本気で考えている自分に、長谷川は苦笑する。その傍ら、いつの間にか急ぎ足になっている自分に気づく。

 早く向井に逢いたかった。向井の顔を見て、声を聞いて、腕の中に納まりたい。
 そうして、こう告げたい。
 あなた以上に好きになれる人はいないって、今日また気づいちゃいましたよ。と。

 順当にいくならば、今まで重ねてきた年月よりもこれから重ねていく年月の方が、恐らくは長い。
 その過程で、これからも、いろんな人と出逢うだろう。よく知っている筈の人の、知らなかった側面に気づくこともきっとある。たとえば父は甘いものだけじゃなく、芋焼酎も好きだった――とか。

 そんなふうにして、幾多の出逢いを積み重ねていくそのたびに、長谷川の心は向井へと還っていく。そうして、何度でも彼に恋をするのだ。
 そんな人生、と長谷川は笑い出したいような気持ちで考える。
 最高・・・じゃないか?

 ねえ、向井先生。
 あなたもそう思うでしょう?
 あなたと二人で手に入れたこの日々は、地雷だらけで、時々とても厄介だけれど。
 それでも俺は、他の誰のものとも交換したいとは思わない。
 向井先生はどうですか? きっと賛同してくれると、俺は信じてるんですけど。

 あなたとなら、どんなに困難に思えたことも、いつの間にか乗り越えられている。最高にして最強のパートナー。あなたにとっての俺も、そんなふうだったらと願う。いや、そんな人間になってみせる。
 だから。
 
 これからも二人で、いきましょう。
 素晴らしいこの人生を。
 
 
end.


→ BACK
→ 愛唱歌へ
→ あとがきへ
→ exへ

にほんブログ村 トラコミュ 大人のためのBL、MLへ
大人のためのBL、ML
にほんブログ村 トラコミュ オリジナルBL小説・・・ストーリー系へ
オリジナルBL小説・・・ストーリー系



*拍手クリックで御礼SSに飛びます。
ぽちっと楽しんでいってくださいませ♪

*このお話が気に入ってくださった方はこちらも是非ぽちっと♪
ありがとうございます、大変励みになってます!

*    *    *

Information

Date:2018/06/10
Trackback:0
Comment:2

Comment

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/06/10 【-】  # 

* Re: 相合い傘のお話!そのまま書きたい!!

hちゃんこんにちはです~♪

やっとというかとうとうというか、終わりましたよー!
で、そうなの、最終回には向井先生出てこなかったから、exをひとつ書き足してるところなのです。
ほんとはexも健全なやつ1コだけにする予定でいたんだけど、まあ、長谷川先生も何やら期待しているようでしたし?(笑)

それにしても長谷川先生、ほんと、強くなったよね~。
いろいろ経験してきたからね! 最初の頃の儚げな風情も良かったんだけどね☆
いやいや、これからも向井先生と2人、地に足を付けて前を向いて歩いて行って欲しいです(^^)
何度でも惚れ直しながらネ!

そんでそんで、うきゃー、心踊る妄想をたくさんありがとーう!
サクランボな学くんと司先生、いいねえええ♡
お風呂でキャッキャな向井先生と長谷川先生も♡♡
相合い傘がしたい長谷川先生に至っては、ぶしゅー(鼻血)ですわ!

とりあえず今後の予定としては、あとがき→exの後、拍手SS再録で少し準備期間を頂いて、新しいシリーズをアップできればと思ってます~。
ああ、今回頂いた妄想たち、どれも書きたい・・・特に相合い傘、ちょー可愛いよ(^Θ^)
2018/06/10 【なか】 URL #hc9S4FeM [編集] 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://kisschoko.blog.fc2.com/tb.php/1446-cc9324d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)