ただ好きだという、この気持ち。

□ 今だけ在ればいい。 □

ワンダフルライフex-1(1)

 結局、長谷川はその日のうちに、元見合い相手と会ったことを向井に打ち明けてしまった。しかもそれは夕食の食卓でのことだったから、耐久時間はごく短い。
 経緯としては、こんなふうだ。

「・・・長谷川、今日何かいいことでもあったのか?」
「え? どうしてですか?」
「いや、何だかおまえ、嬉しそうだから」
「嬉しい・・・といえば、そうですね、今日何かあったからっていうより、今こうしてることが嬉しいです。向井先生と差し向かいでごはんを食べて、これから一緒に眠って――当たり前にそうできるのが」
「・・・やっぱり何かあっただろ。俺に言えないことか?」
「そういうわけじゃ・・・。ただ、」
「何だ?」
「あのね、向井先生。僕、今日また改めて気づいちゃったんですよ。先生以上に好きになれる人なんていないってことに」
「・・・だから何があったんだ?」

 これ以上引っ張っても、逆に向井の興味を掻き立てるだけだ。
 そう判断したのは間違っていなかったと長谷川は思う。
 だから、そこからは簡単に説明した。とある開業医から紹介があったこと。その患者の診断は既に確定し、治療に入っていること。
 ごく淡々と事務的に、説明できたと思う。なのに向井は、じっと長谷川を見つめたまま、こう尋ねてきた。

「それだけか?」
「それだけですけど・・・?」
「嘘つけ。まだ何かあるだろう。俺に言ってないことが」
「え・・・っと、」

 とどのつまり、と長谷川は諦めモードで思う。俺は向井先生に隠し事なんかできやしないのだ。どんな些細なことであっても。
「・・・っん、んっ、先生、明日も勤務・・・っ、あ、」
 かくて。
 長谷川が危惧――或いは期待したとおりの方向へ、事態は進んでいった。つまり。
「判ってる。手加減する。・・・なるべくな」
「んあっ、」


→ BACK
→ NEXT

にほんブログ村 トラコミュ 大人のためのBL、MLへ
大人のためのBL、ML
にほんブログ村 トラコミュ オリジナルBL小説・・・ストーリー系へ
オリジナルBL小説・・・ストーリー系



*拍手クリックで御礼SSに飛びます。
ぽちっと楽しんでいってくださいませ♪

*このお話が気に入ってくださった方はこちらも是非ぽちっと♪
ありがとうございます、大変励みになってます!

*    *    *

Information

Date:2018/06/12
Trackback:0
Comment:2

Comment

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/06/12 【-】  # 

* Re: てへっ♪

hちゃんこんばんは~♪

病院おつかれさま~(><)
ほんとに、何であんなに時間がかかるんだろうね? 疲れ果てるよね(´Д`)
元気でないと通院なんかできん、というのは真実です。日本の医療はどっか間違っとる!

ベランダーも、でしょでしょ、正直言って本編は割とどうでも・・・もごもご。
多肉愛の劇場だけ、総集編DVDにして安く販売してくれないかしらー。

さてさて、結局アハンウフンになる長谷川先生♡
危惧じゃないよね、100%期待だよね(≧∇≦)
明日が仕事であるにも関わらずね!
ほんとにもう、いろんな意味で大人になっちゃって~。
向井先生、手加減は・・・取りあえず明日をお楽しみに♪

雪の日の相合い傘、むふふふふ、頑張るよー☆
小さい雪だるまを作りながら帰宅ってすごく可愛い('∀')♪
二人が歩いた道に点々と置いてあるのね♪ 翌朝子ども達が見て大興奮ね♪♪
でもなつめちゃんだけは淡々と「あれ長谷川先生が作ったんでしょ? 向井先生も作ったの? あのちょっと潰れてたやつがそう?」とかコメントしてくれそう(*´艸`)
2018/06/12 【なか】 URL #hc9S4FeM [編集] 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://kisschoko.blog.fc2.com/tb.php/1449-21b148c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)