ただ好きだという、この気持ち。

□ 今だけ在ればいい。 □

ワンダフルライフex-1(2) ♥

 ベッドで向井の体重を受け止めるのは、けれど、とても幸福で。
 首筋を食まれるのも、耳朶をきつく吸い立てられるのも、乱れて目元にかかる前髪を掻き上げられるのも、瞼に唇を押し当てられるのも、何もかもが気持ち良くて。

「ん・・・せんせい、」
 向井の後頭部を抱き、自分へと引き寄せながら、長谷川は仕種で唇をねだった。
 だが、与えられたのは彼の唇ではなく、指だった。人差し指の腹で唇をなぞられ、そのまま軽く差し入れられる。
「ふ、っン・・・」
 迷わず長谷川はそれに舌を絡めた。向井は更に指を進めてくる。歯茎をなぞられた後、上顎の内側をざらりと撫でられ、吐息が鼻に抜ける。

「んん・・・っふ、」
 もう一本指を増やされ、口内を思うさま嬲られる。骨張って長くて端正な、長谷川の大好きな向井の指。そのかたちを、唇と舌で辿っているだけで、身体の中心が熱く滾るのが判る。
 夢中になって吸い立てていると、自然に瞳が潤んでいた。向井の微笑が滲んで見える。

「全く・・・おまえは」
 そう言った向井の声音は呆れたと言いたげで、サディスティックで。なのにとてつもなく優しかった。
「いやらしいな。なのに物凄く可愛い。そんな顔、その女に見せたりしてないだろうな?」

「ん、っん、」
 涙目のままコクコクと頷く。可愛がられているのか苛められているのか、既に長谷川には判らない。向井にもきっと、判らないのだろうという気がした。可愛がりたいのか、苛めたいのか。

 と、いきなり指を引き抜かれた。代わりに唇と舌とでむさぼられる。
 同時に、既に尖りきっていた胸の蕾を荒く擦り上げられた。長谷川の唾液で濡れそぼった指で。
「んんんっ!」


→ BACK
→ NEXT

にほんブログ村 トラコミュ 大人のためのBL、MLへ
大人のためのBL、ML
にほんブログ村 トラコミュ オリジナルBL小説・・・ストーリー系へ
オリジナルBL小説・・・ストーリー系



*拍手クリックで御礼SSに飛びます。
ぽちっと楽しんでいってくださいませ♪

*このお話が気に入ってくださった方はこちらも是非ぽちっと♪
ありがとうございます、大変励みになってます!

*    *    *

Information

Date:2018/06/13
Trackback:0
Comment:2

Comment

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/06/13 【-】  # 

* Re: ♥召し上がれーーー♪

hちゃんこんばんは~♪
中間テスト!! すごいわhちゃん!∑(・Д・・)
受けてみようというその心意気が素晴らしい! しかも社会はギリとはいえ平均点ってすごいよー!!
私なんか全科目で赤点間違いなしだわ。数学はサインコサインタンジェントしか覚えてない←しかもこのフレーズだけ呪文のように覚えているだけで、内容はもう判らない~。理科に至っては真っ白ですまっしろ。

加えてワークまで・・・なんという良い子!
いやー、勉強って大変なことだよね(^^;) 子どもの頃だからできるんだろうなあ。おばさんはもう脳が拘縮しているから無理無理無理(><)

さてさてさて。今日からしょうこりもなく♥です☆
本編でもつい最近♥が続いた気がするのに、exでまでまた♥! どゆこと!
で、ちわわがもう乱れまくって(〃ω〃)
向井先生も、泉ちゃんショックで実は取り乱してますよ~♪ 明日もお楽しみに~♪♪
・・・今回の♥es、なんと4話もあるのです・・・もちろん♥付きっぱなしです(^o^;)
なにとぞ宜しく・・・m(_ _)m
2018/06/13 【なか】 URL #hc9S4FeM [編集] 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://kisschoko.blog.fc2.com/tb.php/1450-500cfb8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)