ただ好きだという、この気持ち。

□ 拍手御礼SS & etc □

◆ありふれた風景23(5)◆

「宏弥だってかわいい・・・」
 と。
 不意に、酔っ払いが声を発した。

 残り三人の視線を受けても、忍足は目を開けなかった。
 横に座る佐上の肩へと頭をコトンと預け、寝言の口調で更に言う。

「判ってるんだ、俺だって・・・。手術するのは人間のエゴだけど、しないのも人間の、ていうか、俺のエゴだよな・・・でも宏弥が、頭から決めてかかるから、ついムカついて・・・」

「手術?」
 って何の話だ、と、向井が声を潜めて長谷川に問いかけた。長谷川も耳打ちを返す。
「忍足先生たちが飼ってる猫の去勢手術です。するかしないかで喧嘩になったみたいで」
「ふうん」

 鼻で笑うかと思いきや、向井は軽く眉を上げただけだった。
 一方の佐上は、忍足の肩を抱いてやりながら、優しい声で囁き返した。
 
「うん、ごめんね。何なら、一回お見合いして子作りしてから手術する? 生まれた子猫たちはきっと、向井先生が面倒みてくれるよ。『膝枕』のお礼に」

「は? お礼って、こっちの負担が大きすぎるでしょう。そもそもうちは賃貸でペット禁止ですから。でなくても猛獣の子供の子供なんて真っ平御免ですよ」
 向井は当然、矢継ぎ早に言い返してのけたけれど、その必要はなかった。忍足がふるふるとかぶりを振ったから。
「いい・・・向井のとこになんか心配でやれない・・・長谷川先生なら可愛がってくれそうだけど」

 ちっ、と舌打ちした向井の袖を、長谷川はそっと引いた。帰りましょう、と囁く。
「佐上先生、それじゃ僕たちはこれで」

 自分のカップを持って立ち上がりながら小声で挨拶すると、佐上は目元をほころばせてみせた。長谷川先生ごめんね、と、やはり小声で言う。
「渉が迷惑かけたね。こっちは平気だから、気をつけて帰って。・・・向井先生がいるから大丈夫だろうけど」


→ BACK
→ NEXT

にほんブログ村 トラコミュ 大人のためのBL、MLへ
大人のためのBL、ML
にほんブログ村 トラコミュ オリジナルBL小説・・・ストーリー系へ
オリジナルBL小説・・・ストーリー系



*拍手クリックで御礼SSに飛びます。
ぽちっと楽しんでいってくださいませ♪

*このお話が気に入ってくださった方はこちらも是非ぽちっと♪
ありがとうございます、大変励みになってます!

*    *    *

Information

Date:2018/06/23
Trackback:0
Comment:2

Comment

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/06/23 【-】  # 

* Re: 翌日には覚えてないんだろうけどね~(^o^)

hちゃんこんばんは~♪

よしよしありがとうー、うれしい(´;д;`)
今日は植物ブログもさぼり、ほぼ一日とらと一緒にだらけてました(^^)ゞ
なんかで読んだんだけど、疲れを取るには朝寝坊するよりも起床はいつもどおりの時間にして、まめに昼寝した方がいいらしいよ~。
でもって、15時以降はもう寝ないようにする、と。ほうほう。
今日はなんとなくそのペースで過ごせているので、明日はもうちょっと元気になって、原稿もできるかな?

さてさて、今日は渉くん、素直だったね(^^)
夢うつつ+酔っ払いでやっとと素直になれるなんて、可愛いというかめんどくさいというかやっぱり可愛いというか(^o^)
少なくとも宏弥くんには、何やらせても可愛い存在なのですね♡

まーでもさ、渉くんも、宏弥くんのこと可愛いし大好きだし、言葉のひとつひとつをしっかり受け取って真剣に考えてるんだよね('∀')
またこの2人のお話も書きたいなあ♪
2018/06/23 【なか】 URL #hc9S4FeM [編集] 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://kisschoko.blog.fc2.com/tb.php/1460-35feacaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)