ただ好きだという、この気持ち。

□ 今だけ在ればいい。 □

the five senses-2 心音に寄り添う(3) ♥

「・・・バカだなあ、おまえは」
 って、やっと口を開いたかと思うとこれだ。長谷川としては内心、がっくりせずにいられない。でもそんなのは意地でも態度には出さず、余計に目元に力を入れて向井を睨みつける。
「本当にバカだ」
 対する向井はまたも繰り返す。しかも今度のは嘆息付きだ。瞬間的にムカついて、悪かったですねと長谷川が吐き捨てた、その時。

「・・・バカ」
 もう一度そう囁いたかと思うと、向井が唐突に動いた。いきなり、しかも手加減無しの力で抱きすくめられて、長谷川の呼吸が一瞬止まる。
「いや、俺が悪いな。ごめん、不安にさせて」
「・・・・・・っ、」

 膝の力が抜けそうになって、長谷川は反射的に向井の背に手を回してシャツを握りしめていた。衣服越しであるにも関わらず、互いの鼓動が強く打っているのが伝わってくる。寄り添うように重なっていく。
 ・・・ドキドキしてる、と長谷川はそっと、自らに言い聞かせるようにして思う。俺はとっくにそうだったけど、・・・この人も。

「判らなかったんだ、俺も。おまえへの気持ちが、その、・・・そういうものなのか。正直、今でもよく判らない。でも、おまえに素っ気なくされると腹が立つしくやしいし、・・・うまく言えないな。とにかく、ものすごく嫌な気持ちになる。こんなのは男女問わず初めてで、つまり俺は、結局のところおまえのことが――」
 好きだ、という一言は、耳孔に直接吹き込まれてきた。複雑な溝を舌先でなぞられ、思わず喉が反る。
 その長谷川の動きを待っていたかのように、向井の唇が長谷川の耳朶をとらえた。一度強く吸い、続けて歯を立ててくる。こんな言葉とともに。
「・・・好きだよ。男とか女とか関係ない。おまえが、・・・長谷川大貴という人間のことが、俺は・・・好きだ」
 ずるい、とまた思った。自分の気持ちが判らないと言ったくせに、きっとそれが本音なんだろうに、ヌケヌケとこんな台詞を口にする。正直で嘘つきで、そしてずるい男。って最悪じゃないか。
 だけどそれでも、俺は――この人の、この言葉を、どんなにか、

「・・・ソファじゃなくていいよな」
 そして向井から、言わずもがなの駄目押し。
 咄嗟に目を開けてしまってから、長谷川は自分がいつの間にか閉じていたことに気づく。
 しかも、至近距離から見やった向井は至極真面目な表情を浮かべていて、長谷川はいつしか微笑っていた。向井の頬を包んだ手のひらを、その後頭部へと滑らせてみる。指に絡んですぐにほどける、短い髪の感触。
「このソファに二人は、無理じゃないかと思いますよ。多分落っこちます」
「素直にベッドでいいって言えよ。・・・それと、これも素直に言うこと」

 ――どこが気持ちいいのか、・・・どうされたら気持ちいいのか、も。

 首筋を食むようにしながらそう付け加えられて、ごくりと喉が鳴った。上下した喉仏を指先でくすぐられ、熱い吐息がこぼれる。
「やっぱり先生、Sですよね。それもドが付く」
「そういうの嫌か?」
 精一杯の減らず口をあっさりいなされ、しかもシャツのボタンを外されながらこんな・・・長谷川の喉がまた鳴る。手慣れすぎてないか、と些か呆れてしまう。まさかこの人、俺の前にもこういう経験が――、

 頭をよぎった疑惑は、けれど、シャツの内側に忍び込んできた手のひらによって拭い取られてしまった。突起の片方で向井の指先が止まり、周辺の小さな縁取りから辿り始める。
「嫌じゃ・・・ないです。先生、だから」
 消え入りそうな囁きは途中、吐息で途切れた。向井の唇の端がゆっくりと上がる。だがその瞳は裏腹に、底光りのするような光をたたえて濡れていて、長谷川の心音がまた少し早くなった。
「おまえな、・・・先刻から可愛すぎるよ」
 



→ BACK
→ NEXT


*お題配布元;casaさま/the five senses/ありがとうございます♪「the five senses」で5話続きます。宜しかったらお付き合いくださいv



*拍手クリックで御礼SSに飛びます。
ぽちっと楽しんでいってくださいませ♪

*このお話が気に入ってくださった方はこちらも是非ぽちっと♪
ありがとうございます、大変励みになってます!

*    *    *

Information

Date:2014/06/27
Trackback:0
Comment:6

Comment

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/06/27 【-】  # 

* Re: koさまv

向井センセは、そうですね~、こんなに好きになったのは長谷川センセがきっと初めてです。
でも自分ではその辺をちゃんと自覚してなさそう(^^)
いわゆる天然ボケですね。頭が切れて仕事が出来る、天然ボケのドS。それが向井センセ。・・・ただの変人って気がしてきました _| ̄|○~

一方の長谷川センセは、ねっ、可愛いでしょ!(おやばか)
なんかどんどん可愛くなっていくんですよ、この人。
男だってのが、何故かプラスに働いてますよね。可愛さ倍増ですよね(笑)
いやー、BL、こんなに楽しいものだったとは。うははは♪

ところで二人の身長差について。
イメージ的には、向井先生の方がちょっとだけ高いかな。3センチくらい。
なので、長谷川先生が向井先生と話す時は、ちょこっとだけ顎が上がります。ワイシャツの襟元から喉仏が覗く感じ(^o^)
モデルとなった俳優さんたちはお二人とも同じ身長ですけども(182cm。今調べた)、小説内では若干の身長差があるイメージですね。

ていうか最初はそこまで考えてなかったんです、実は。今回のシリーズを書いていて、そういうところまで固まってきました。
体格は、向井先生は標準で長谷川先生は痩せ型、かなあ。
愛用の白衣は2人ともコート型ですが、向井先生は前のボタンを留めない派。長谷川先生は留める派です。

こういうの考えてると楽しいですね。るんるん♪
2014/06/27 【なか】 URL #hc9S4FeM [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/06/27 【-】  # 

* Re: エヘッ(*^^*)

わあーい嬉しい♪ 応援メッセージありがとうございます♪♪
けど、明日あさってが♥の山場というかモロにそのシーンなので、その時になってもこう言っていただけるかどうか不安になってきました・・・(>_<)
どきどき。BLの神様にお願いしておこう。

向井センセの、対・異性の場合の魅力度について、そういえば面白いエピソードを思い出しました。
って↑は某大学病院に勤務中の、向井(仮名)先生の話なんですけどね。

当時、医師チームが取っ替え引っ替えベッドサイドにやってきてたし、私もほとんどの時間メガネをかけずに過ごしてたせいでネームプレートも全然見えなくて。
つまり、各先生方のお名前が「???」だったわけです。顔は判るんだけどなーというやつ。
で、看護師さんに、「さっき○○先生がいらして・・・」みたいな話をする時も、先生の名前のところで詰まる。みたいな状況でした。

そしたら、ヒントとして看護師さんが言った言葉がこれ。
「メガネ? ですか?」
うひゃー(^o^)/ 向井(仮名)先生、ナースたちにメガネって呼ばれてるのかしら♪

もう、向井センセには長谷川センセしかいないですね。
ずっと仲良しでいてね(^_^)v
2014/06/27 【なか】 URL #hc9S4FeM [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/06/27 【-】  # 

* Re: 明日はまだ

導入部でした。モロはあさってです~、期待(?)させてたら済みません(><)
予約投稿だと、次はどこなのか時々判んなくなっちゃって。テヘ。
ていうか、導入部と言えばずーっとそうですよね。段取り多くて申し訳ないです┏○ペコ

のび太くん先生はですね、転院後4日目くらいだったかな、一度お見舞い?ていうか様子見?に来てくれました~。ちぇんちぇー!って泣きそうになりました(笑)
今もきっとお元気で診察してらっしゃることと思います(^^)
お懐かしい・・・ほろり。
2014/06/27 【なか】 URL #hc9S4FeM [編集] 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://kisschoko.blog.fc2.com/tb.php/15-2ce33709
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)