ただ好きだという、この気持ち。

□ 拍手御礼SS & etc □

◆ありふれた風景25(6)◆

 何言ってるんですか、というニュアンスを精一杯こめながら、長谷川は照れ笑いを返した。
 だが同時に、胸の底からあたたかいものがあふれて、身体中に巡っていくのが判った。
 そのせいだろうか。頬が熱い。

 向井も軽く微笑って、長谷川の頭をぽんぽんと撫でてくれた。それから、仕切り直すような口調で言う。
「じゃ、昼メシもこたつで食べるか。カレー、ちょっと冷めちまったかもしれないけど」

 あ、と言いつつ、長谷川は咄嗟に上体を起こした。
「僕、あっため直してきます」
「俺が行くよ。おまえはここでぬくぬくしてろ」
 向井がこう言うので、長谷川としては俄然ムキになる。

「そんな、先生一人だけで行かせるわけには、」
「って別に戦争か何かに行くわけじゃないぞ」
「こたつから出るのってそれくらいの覚悟が要るんですよ。これから先生も嫌ってほど実感しますよ、一度こたつに入ったら最後だって」

 こたつに複数で入っている場合、諸事情で出ようとする者がいると、残りの者が口々に「みかん持って来て」だの「テレビのリモコン取って」だの「ついでに郵便受けも見てきて」だの、口々に用事を言いつける――古式ゆかしい日本の風物詩だ、と長谷川は思う。
 それがこの部屋でも行われることになるんだろうな、とも。

 こんな感慨は、我ながら少しとんちんかんな気もしたけれど。
 同時に、妙にくすぐったい幸福感をも、長谷川にもたらした。

 そして。
 いざ、と気合いを入れて、長谷川はこたつから滑り出た。・・・一人で。
「向井先生?」
「・・・んん・・・こたつ、ホントに危険だな。なかなか出られない・・・」

 結局。
 カレーは長谷川があたため直して、ごはんと一緒に皿によそい、スプーンを添えて、こたつで丸くなっている向井の元へと運んだのだった。


end.


→ BACK
→ NEXT

にほんブログ村 トラコミュ 大人のためのBL、MLへ
大人のためのBL、ML
にほんブログ村 トラコミュ オリジナルBL小説・・・ストーリー系へ
オリジナルBL小説・・・ストーリー系



*拍手クリックで御礼SSに飛びます。
ぽちっと楽しんでいってくださいませ♪

*このお話が気に入ってくださった方はこちらも是非ぽちっと♪
ありがとうございます、大変励みになってます!

*    *    *

Information

Date:2018/08/10
Trackback:0
Comment:2

Comment

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/08/10 【-】  # 

* Re: こたつラブ☆

hちゃんこんばんは~♪

ピアノで月謝無駄にした説! やっぱりー?(^o^)
習い事は、うんうん、習字いいんじゃないかな! きれいな字は財産だよね♪(ていうかhちゃんすごく字きれいだった気が。)

ところで私、明日から盆休みですよ♪
木曜日まで!長! 給料減るけど嬉しい!
ていうか、盆休みがある職場って初めてだわー。
今まで、カレンダーどおり営業、ていう職場ばっかりだったもんね。
さあ、今度こそ原稿を!
・・先週も結局書けず、次回もまた拍手SS再録なのてす・・(>_<)

さてさて、こたつ話も今日でおしまい♪
まんまとこたつに食べられた向井先生でした(^^)
もう、二人してこたつにこもって、あんなことやこんなことしてるといいね(^o^)
2018/08/10 【なか】 URL #hc9S4FeM [編集] 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://kisschoko.blog.fc2.com/tb.php/1507-c8730124
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)