ただ好きだという、この気持ち。

□ 今だけ在ればいい。 □

いつ何時でも君を想う

いつ何時でも君を想う/いっそこのまま/もどかしさと愉悦/隠した心が溢れ出る/愛しさは君を殺す】


 あの人の夢を見る。
 
 毎夜ってわけじゃない――と思う――し、夢の内容もさまざまだ。
 一番幸福だったパターンは、すぐ間近で話を聞いてくれたというもの。
 だなんて、もしもあの人に話したら、「長谷川はほんっと乙女だな」とか言われて一笑に付されるのがオチなので、絶対言わないが。

 でも、本当に幸福だった。
 俺のすぐ目の前で頷いてくれるあの人。やわらかな角度に持ち上げられた口角。メガネの奥で微笑む眼差し。時折伸ばされる手のひら。俺の髪をくしゃりと掻き上げて、何か言ってくれる。優しい声で。

 それだけで俺は嬉しくて、満たされて、次から次へと言葉を紡がずにいられなくて、それをあの人はまた頷きながら聞いてくれて。
 幸福だった。目覚めた時は詐欺だと思ったくらいに。
 こんなに幸福にさせておいて、目覚めたらそばにいてくれないなんて――と。
 ・・・我ながら、救いがたい。

 もっと救いがたいのは、この反対バージョンも見るということだ。
 しかも頻度でいうと、そっちの方が多い。
 つまり、

 冷たくされる夢。別れを告げられる夢。あの人に女ができる夢。
 ・・・もうおまえは要らないから、と言われる夢。

 言っておくが、そんな夢を見たからといって泣きながら目覚めたりはしない。
 涙なんか出ない。
 ただ、胸の底が冷たくなるだけだ。
 そして思う。 
 ああ、やっぱり、と。

 結局のところ俺は、この恋が続くなんて思っていないのだ。
 いつ壊れてもおかしくない、仕方がない、あの人を責めたりできない。
 いつもどこかでそう思っている。
 あの人を信じていない、というのとは違う。
 諦めている、といえばそうかもしれない。
 ただ単に、望みが持てない。望みなんてそんなものは、最初から除外されている。この恋からは。

 男同士だから?
 そうかもしれない。
 身体を重ねてよく判った。もっともあの人に言わせれば、「ちゃんと最後までしてないくせに」ということになるんだろうが。それでも充分、いや、だからこそ尚更思い知らされた。
 男とつながるようにできているのは女の身体だ。そういう作りになっている。元から。

 所詮無理なことをしているんだ。
 どちらにも負担を強いて、背徳感を噛みしめて、それら全てを快感に変換して、更に無理を重ねて、何にも結実しないその場限りの快楽だけをむさぼって。

 相手があの人でなきゃ、こんなこと、したいなんて思わなかった。
 あの人でなきゃ、恋なんかしなかった。
 あの人でなきゃ、
 ・・・想うだけで、想っていられるだけでいいなんて。
 そんな気持ちにはならなかった。

 この恋に絶望しているくせに、俺はこの恋に支えられている。
 いつ終わってもおかしくないと思うから、あの人と過ごす一瞬一瞬を愛おしく感じる。
 草花に乗っている朝露のひとつぶみたいだ、と思う。
 いつ滑り落ちても不思議じゃない、蒸発して消えるのを待つばかりの、
 だけど今だけは在るちいさな宝石。
 他の人間にはただの水滴にしか見えなくても、俺にとっては――

 ってこれもあの人には言えないな。「乙女だ」と笑われる。
 あの人を想うたび、あの人に言えないことが増える。
 絶望感と愛おしさが、等しく俺の中で積もっていく。
 ・・・その区別がよく判らなくなる。

 あの人は今夜、俺の夢に出てきてくれるだろうか。
 今夜は俺を愛してくれるんだろうか。それとも傷つけて立ち去るんだろうか。
 どっちでもいい。どっちでもいいから。
 ・・・共にいてください。
 夢でいいから。時と共に消えてもいいから。俺の中に、存在していてください。
 いつ何時でもあなたを想う俺の、心に一番近い位置に。
 
 


→ BACK
→ NEXT


*お題配布元;casaさま/愛しさは君を殺す/ありがとうございます♪「愛しさは君を殺す」で5話続きます。宜しかったらお付き合いくださいv


*拍手クリックで御礼SSに飛びます。
ぽちっと楽しんでいってくださいませ♪

*このお話が気に入ってくださった方はこちらも是非ぽちっと♪
ありがとうございます、大変励みになってます!

*    *    *

Information

Date:2014/07/04
Trackback:0
Comment:2

Comment

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/07/04 【-】  # 

* Re: koさまv

(^_^)マーク嬉しいです~! ありがとうございます♪

というか、ひたすらに安堵というか(苦笑)
よかったー、ちょっとウエットすぎたかなあと心配してたんです。

そうなんですよ、今回も5題続くんですけど、4つ目までは独白を交代で。ラストだけ、長谷川先生寄りの3人称になります。
独白だとほんっとに思ってることしか言ってくれないので(当たり前か)、初回からこんなになっちゃって(><)
こんなに思い詰めなくても! と私などは思うのですが、 真剣なんでしょうね・・・(; ;)

しかーし、向井先生がこんな長谷川先生を黙って見ているわけがない。
というわけで明日は向井先生の独白です。
お、おたのしみに(^_^;)
2014/07/04 【なか】 URL #hc9S4FeM [編集] 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://kisschoko.blog.fc2.com/tb.php/22-155c203b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)