ただ好きだという、この気持ち。

□ 今だけ在ればいい。 □

いっそこのまま

【いつ何時でも君を想う/いっそこのまま/もどかしさと愉悦/隠した心が溢れ出る/愛しさは君を殺す】

 どうしてそんな目をする。
 そう問いただしたい衝動に、ここ最近よく駆られる。
 言うまでもなく、長谷川に対してだ。
 どうしてそんな、もういない人間に想いを馳せるような目をして俺を見る?

 あいつのことだから、と俺は内心、苦虫を噛みつぶす。
 どうせぐるぐると、愚にもつかないことを考えこんでいるんだろう。
 俺に言わせてもらえるなら、全くの取り越し苦労だ。何を好きこのんでそんなネガティブな面ばかりに目を向けないといけないんだと、胸ぐら掴んで揺すぶってやりたくなるような話だ。

 多分、男同士だからとか。
 所詮は不自然なんだとか、先が見えないとか。
 そのくせあいつは、それでいいと心から思ってる。
 何も望んでくれない。俺にも、未来にも。
 今だけでいいとしか思ってくれない。
 あいつの中で確定しているのは、俺がいない未来だ。
 ・・・そんなの、我慢できるか。

 何のために、と俺は歯ぎしりしたくなる。
 何のために今こうして、俺はおまえのそばにいるんだ?
 今だって、手を伸ばせば届く。
 スタッフステーションの一角、ナースたちや他のドクターたちの気配やさざめきを背に感じながらも俺は思う。
 端末の並んだデスクに着いている長谷川の隣の席で、電子カルテをスクロールするふりをしながらそっと盗み見る。

 いっそこの場で、白衣の襟を掴んで無理矢理引き寄せてやろうか。
 そうして抱きしめて有無を言わさず唇を重ねて。
 思うさま舌を絡めてむさぼってやろうか。
 そうすれば判るのか?
 おまえが考えていることがどれほど無駄なことか。
 
 おまえ、言ったよな。
 俺が自分で考えているよりずっと好きだ、って。俺のこと、好きだ、って。
 同じ言葉を俺も返してやるよ。
 おまえが自分で考えているよりずっと、俺はおまえが好きだ。
 それに俺は強欲なんだ。
 おまえと共に在る未来を望むくらい。

 そんな未来が手に入ると思うくらいには強欲で、そして図々しい。
 むしろ、当然手に入ると思ってる。
 それについて罪悪感なんかカケラも感じない。
 そもそも男同士だから何だ?
 おまえが偶々男で、俺も偶々男だった。それだけのことだろう。
 方法だってそれなりにあるなら、それでもういいんじゃないのか。

 腹立たしさに似たもどかしさは、しかし、沸き起こる端から違うものに変わっていく。
 おまえのその儚げな眼差しが、どうしようもなく愛おしくなる。
 闇雲に抱きしめて、大丈夫だと言ってやりたくなる。
 それは本当の、心からの気持ちだ。誰の前でも誓えるし、ここまでならキレイなのにと自分でも思う。
 だが。
 それだけで済まないんだ、俺の場合。
 悪いな、長谷川。でも、おまえも察しているだろう?

 嗜虐的な歓びが、俺の中には確かに存在する。
 おまえが苦しんでいるのを承知で、それを傍観しようとしている。
 そう――いっそこのまま、放置してやれば。
 おまえは俺からずっと離れられなくなる。
 終わるのが前提の恋だと思い込めば思い込むほど、今を大切にしようとする。
 おまえはそういう奴だから。

 離したくない。離れられなくしたい。
 癒して慈しみたい。それと同じくらい、傷つけて泣かせたい。
 おまえの中に、俺を刻み込みたい。もっと強く――もっと深く。
 そんなのとっくに、とおまえは言うだろうか。
 とっくにそうされてる、と。

 でも足りない。全然足りていない。
 おまえのその透き通った眼差しを見ていれば、そう痛感せざるを得ない。
 そんな綺麗な目をしているおまえがとても好きだけど、
 もっとドロドロした愛欲をたたえた眼差しも、見てみたいんだ。

 だから。
 次は――
 
 


→ BACK
→ NEXT


*お題配布元;casaさま/愛しさは君を殺す/ありがとうございます♪「愛しさは君を殺す」で5話続きます。宜しかったらお付き合いくださいv



*拍手クリックで御礼SSに飛びます。
ぽちっと楽しんでいってくださいませ♪

*このお話が気に入ってくださった方はこちらも是非ぽちっと♪
ありがとうございます、大変励みになってます!

*    *    *

Information

Date:2014/07/05
Trackback:0
Comment:2

Comment

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/07/05 【-】  # 

* Re: koさまv

あ、(^_^)マーク。良かった。ありがとうございます♪

ていうか、Sですよねこの人!!(笑)
ほんっとS。とことんS。困ったもんです。
まあ、一人で悶々と考えてるから余計そうなっちゃうって面もあるかもですが(^^;)

長谷川センセはその点、乙女というかいじらしいというか・・・
スタッフステーションにいる間も、隣の人から「今ここで!」とかって野獣スイッチ入れられてるなんて想像もせず、「お隣だ・・・」ってドキドキしてたんじゃないですかね。ううっ(笑、って間違えた、泣)

ともあれそんなわけで、次は――って要するに♥ですな。
しかも1回で終わらないという(笑)
そして向井センセ、準備万端で臨みます。いざ!

あ、週末の件、了解です~。頑張って下さいね~~!(^o^)/
夜のお楽しみになれるよう、頑張って更新しておきます♪


2014/07/05 【なか】 URL #hc9S4FeM [編集] 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://kisschoko.blog.fc2.com/tb.php/23-284cd971
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)