ただ好きだという、この気持ち。

□ Story Map □

逆引きストーリーサーチ(101)-(150)

(101)なるべく少ない労力で(1):最小の労力で最大の結果を得る
(102)なるべく少ない労力で(2):最大の結果・・・たとえばあなたとか?
(103)苦い味が結構病み付きになる(1):安心しろ。嫌ってほど愛して、くたくたにさせてやるから
(104)苦い味が結構病み付きになる(2):このひとの欲望を容易く包み込んで、呑み込めたら良かったのに
(105)苦い味が結構病み付きになる(3):どうかしてるおまえ、すごくいいよ。抱くたびによくなっていく。・・・おまえもそうだろ?
(106)苦い味が結構病み付きになる(4):というか、慣れない野良猫みたいなものか
(107)苦い味が結構病み付きになる(5):いつもより押さえ込みやすいなと思ったら、おまえがちょっと痩せたせいか
(108)ぬくもり、刹那に:俺があなたの毛布になりますから
(109)懇ろにお願いしますよ(1):恋人同士だからって、何もかも共鳴しなきゃいけないってことにはならないだろ?
(110)懇ろにお願いしますよ(2):そんな自分が俺は嫌いでした。今でも嫌いです
(111)懇ろにお願いしますよ(3):僕は決めたんです。冬の間、向井先生の毛布になるって
(112)懇ろにお願いしますよ(4):冬の間と言わず年中お願いしたいな
(113)喉元過ぎてもまだ熱い(1):長谷川くんって誰にでも同じ感じに優しいよね
(114)喉元過ぎてもまだ熱い(2):それが痛みであっても、俺は勝手に快楽に変換してしまう
(115)喉元過ぎてもまだ熱い(3):恋愛は、小さな痛みの連続だから
(116)喉元過ぎてもまだ熱い(4):むしろ歓迎。
(117)冷めやらない鼓動(1):近衛先生って彼女いないんですかね?
(118)冷めやらない鼓動(2):言葉で責めて、言わせて、同時に確かめて、こいつにも確かめさせる
(119)好きなら好きと言え(1)メガネ:メガネ、レンズだけ交換して下さいね。コンタクトもダメですよ
(120)魔法のスイッチ(1):素直に思った。いいな、と。あんな恋を自分もしたい、と。
(121)魔法のスイッチ(2):近衛先生、好きです。俺と付き合って下さい
(122)魔法のスイッチ(3):見覚えのない若い男だった
(123)魔法のスイッチ(4):はい。って一言でまとめちゃって済みません。でも全部、『はい』です
(124)魔法のスイッチ(5):近衛先生の声、話し方も、聞いててすげえ気持ちいいから
(125)魔法のスイッチ(6):ほんとですよ、待ちくたびれました
(126)魔法のスイッチ(7):勝手ついでに、もう一コ、イタいこと言います
(127)魔法のスイッチ(8):今のナシです。済みません。忘れてください
(128)魔法のスイッチ(9):どれも無理だよ。バカ野郎。
(129)好きなら好きと言え(2)指-1:それに、相変わらず寒さに弱そう。背中、丸まってたわよ。今も
(130)好きなら好きと言え(2)指-2:私、統のそういう波みたいなの、好きだったし
(131)好きなら好きと言え(2)指-3:結婚はしてないけど。でも、恋人はいる
(132)好きなら好きと言え(2)指-4:それからもずっと私、統の指が好きだったなあって
(133)好きなら好きと言え(2)指-5:そんな話を他人の口から聞かされて初めて知るなんて、キツいです
(134)好きなら好きと言え(2)指-6:右も左も、十本とも。それと、他のとこも全部
(135)好きなら好きと言え(3)声-1:おまえは俺の声が好きだってことか?
(136)好きなら好きと言え(3)声-2:おまえには、俺がついてる
(137)魔法のスイッチ(10):俺だけがうまくできていない
(138)魔法のスイッチ(11):近衛先生、何かありました?
(139)魔法のスイッチ(12):ただ、ここのところの先生、ちょっと疲れて見えて
(140)魔法のスイッチ(13):切羽詰まってる、というよりは、・・・辛そうです
(141)魔法のスイッチ(14):向井先生なら、この近くにいる筈ですよ。呼べばすぐ来ます。その方がいいですか
(142)魔法のスイッチ(15):手を引いてトンネルから連れ出してくれて、その後も背中を押してくれて。
(143)魔法のスイッチ(16):自身の能力と診断に従って、患者に利すると思う治療法を選択し、害と知る治療法を決して選ばない
(144)魔法のスイッチ(17):この後、呼ぶことになったとしても、きっと笑ってくれます
(145)魔法のスイッチ(18):話し出してみると短い話だった。そのことが今は、何よりも哀しかった
(146)魔法のスイッチ(19):本当は期待してないんじゃないでしょうか
(147)魔法のスイッチ(20):自分を納得させようとして、そう言ったんじゃないか、って
(148)魔法のスイッチ(21):・・・生意気なこと言っていいですか?グッと来ました
(149)魔法のスイッチ(22):彼らみたいな恋を自分もしたいと思っていた。確かに、俺は
(150)魔法のスイッチ(23):いざとなると、たじろいだ

 


→ BACK
→ NEXT


*拍手クリックで御礼SSに飛びます。
ぽちっと楽しんでいってくださいませ♪

*このお話が気に入ってくださった方はこちらも是非ぽちっと♪
ありがとうございます、大変励みになってます!

*    *    *

Information

Date:2014/06/21
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://kisschoko.blog.fc2.com/tb.php/234-a948c770
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)