ただ好きだという、この気持ち。

□ 今だけ在ればいい。 □

愛しさは君を殺す(2)

【いつ何時でも君を想う/いっそこのまま/もどかしさと愉悦/隠した心が溢れ出る/愛しさは君を殺す


「ずるい・・・人だな」
 本当にずるい。犯罪的だ。どんなに言葉を尽くしてなじっても足りない。そして長谷川は、持って行き場のない衝動を持て余す。本当に、とますます歯を食いしばりながら思う、こんなずるい人見たことがない。
 こんなにもずるくて、そして愛おしい人。ほとんど肉体的な苦痛を感じるほどだ。致命傷を負って失血して意識を失うようにして、俺はあなたの中へと倒れ込んでいく。・・・そのまま引きずり込まれて、呑み込まれる。
 あなたの、その血まみれの手に抱きすくめられて。

「・・・じゃ、言いますけど。あなたこそその身体、・・・俺以外の誰かに触らせないで下さい」
 俺だけのものですよ。

 気づいたらそう言っていた。ばかりじゃなく、腕を回して向井の首を抱いていた。舌を絡めて深く求めて、呼吸と唾液を分け合って、また唇を重ねていく。
「・・・うん」
 いつしか、微笑をも口移しにされていた。ああ、と長谷川は目を閉じる。
 あなたはそうやって、有無を言わさず俺に教え込むんだ。
 望むこと。期待すること。・・・欲すること。
 あなたを、求めること。あなたとの明日、なんて代物までも。
 ・・・求めろ、と、命令形で。

 だからって簡単に日和れるほど、楽天的にはなれないけど。
 長谷川は敢えてそう考えようと試みる。
 しかしその端から、ひとつの予感に支配され始めている。
 ・・・胸の底が冷たくなるような、あの夢。
 冷たくされたり別れを告げられたり、もう要らないと背を向けられたり。
 そんな夢を見る頻度は、きっと、減っていくだろう――それはそんな予感で、自分で失笑しそうになる。充分楽天的だな、俺は。
 
 それから、長谷川はそっと目を開けてみる。隣に向井がいることを確かめていると、視線を合わされて微笑まれ、腕を伸ばされ抱きしめられた。
 何か嬉しかったらしいけど、でも何が? 考えてはみたが、長谷川はすぐに思考を放棄した。心地いい腕の感触を堪能しながら、ゆっくりと抱擁を返す。
 そして思う。
 ねえ、向井先生。

 期待とか、先を望むとか。
 そういうことを上手にできるかどうか、この恋に関しては自信ないけど。
 それでもあなたに対してなら、できる気がするんです。
 あなたは前後も顧みず、愛しさで俺を満たして息もできなくさせるから。
 そうして、心臓を今にも止めてしまいそうな愛撫で翻弄するから。
 ・・・約束を俺にくれて、俺からも約束を奪い取っていくから。

 こんなふうに日々あなたに翻弄されて、息絶えそうな愛撫を享受して、無茶な約束を重ねて。
 そうしているうちに今日は明日になり、明日は明後日になっていくんだとしたら、
 それは、もしかしたら物凄く幸福な――

「ほら、もう寝ろ。明日も勤務だぞ」
 そして向井は、長谷川を軽く揺するようにして促す。
 まるで小さな子供にしているみたいだ、と長谷川は少し笑いたくなる。向井の腕にくるまり直しながら、ふと思いついたことを口にしてみる。
「僕と先生、ネクタイが二日続けて同じですよ。誰か気づきますかね」
「あ? 気づかないだろ、そんなの。・・・気づかれても別にいいよ、俺は」
「僕も、・・・いいです」
「あ、今ちょっと間が空いたぞ。おまえ、ほんとは良くないのか? そういうことか?」
「いえそんなことは。さあ、寝ましょうか。明日も勤務ですから」
「・・・うん」

 複雑そうな表情の向井に微笑みを返してから、長谷川は瞳を閉じる。
 愛しさが、手足の先にまで満ちていく。
 いっそこのまま呼吸も止まってしまえばいい、なんて思わないでもないけれど。
 でも明日もあなたに逢いたいから、まだ生きていよう。
 身体と心、両方をあなたへと添わせながら。



END.
 
 


→ BACK
→ NEXT


*お題配布元;casaさま/愛しさは君を殺す/ありがとうございました♪



*拍手クリックで御礼SSに飛びます。
ぽちっと楽しんでいってくださいませ♪

*このお話が気に入ってくださった方はこちらも是非ぽちっと♪
ありがとうございます、大変励みになってます!

*    *    *

Information

Date:2014/07/10
Trackback:0
Comment:2

Comment

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/07/10 【-】  # 

* Re: koさまv

よっしゃ、(*^_^*)マーク♪ ありがとうございます♪♪

はい、やっと言えました~。
今回はヒリヒリがテーマだったとはいえ、悩んでる長谷川先生よりはやっぱり、可愛い長谷川先生を私も見たいです(^^)
とはいえ、また悩んじゃうとは思うんですけどね。これはもう、性格だから。
それに、悩んでる長谷川先生も、何となく儚げなムードがあって、これはこれでまた書きたくなる気がしてますけども。
まあ、あんまり悩んでるようだったら、また向井先生が力ずくで引っ張り戻してくれるでしょうしね(笑)

さて、明日からのシリーズのテーマは、「可愛い長谷川先生」です(大笑)
きゅんきゅんしていただけることが目標です。
楽しんでいただけますように~!
2014/07/10 【なか】 URL #hc9S4FeM [編集] 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://kisschoko.blog.fc2.com/tb.php/28-745f5d9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)