ただ好きだという、この気持ち。

□ 今だけ在ればいい。 □

そしてまたキスをする-4 好きなやり方でキスして(1) ♥

 困ったことに、それは割に簡単に見つかった。もっとも、地下から適当な階までエレベーターで上がるという一手間はあったが。
 とはいえ、非常時には使用しなければならないものではあるので、客室のフロアであれば尚更きちんと表示もしてあるし、防火扉を開ければ入り込める。
 つまり、扉を閉めれば簡易密室ができあがるというわけで。

「ほら。キス」
 そして向井は、長谷川に要求を寄越す。小さな蛍光灯が灯るだけの踊り場に立ち、試すように、挑むように、底光りのする瞳で見下ろしてくる。
「束縛してみろ。俺のこと――好きなだけ」
 ってこの言い方、と長谷川は思いきり口角を引き下げる。その代わり瞳は向井へと引き寄せられていて、必然的に顎がわずかに上がる。
 向井との身長差は、確か三センチ。ベッドでキスをする時は意識しないで済んでいたが、こういう体勢だと自ずと姿勢が限定される。
 だがそれは嫌だった。
 爪先立つのも、下からすくい上げるのも。

「・・・僕の言うとおりにしてくれますか」
 だから長谷川はこう言った。階段は思ったよりも声が響いて、慌てて声量を絞ったら、まるで睦言みたいな囁きになった。
「いいよ」
 向井も囁きを返してくる。長谷川とは対照的に口角を上げ、いかにも愉しそうな表情を浮かべている。そのことが、今の長谷川には無性にくやしくて――そして同時に、どうしようもなく煽られてもいる。その認識がまたくやしい。

「じゃあ、階段をひとつ、降りて下さい」
 指示に対する返事は、コツンという靴音。そして、それから? と促してくる眼差し。
「メガネ、外して下さい」
 ちゃんと仕舞って、とまで言わないといけないかと思ったが、さすがの向井もこの状況で放り出しはしなかった。片手でメガネを外すと、スーツの胸ポケットに突っ込む。
「・・・目。閉じて下さい」
 
 そして、向井の頬に両手を添えて上向かせ、唇を落とした。
 立った姿勢では初めて、自分からキスをした。
 この角度も。初めての、

「・・・・・っ、」
 くやしいから出来るだけ粘って、舌も自分から。
 そう思っていたのに、やっぱり身体が後ろに引ける。
 この人にこんなふうに、長く触れていてはいけないと思ってしまう。
 そんな権利は俺には、

「んっ・・・」
 だがやはりそれは許されなかった。
 向井の手が長谷川の腰に回る。ぐっと引き寄せられたかと思うと、追い上げるようにして舌を割り入れられた。上顎の内側をくすぐられ、思わず吐息がこぼれる。そして、声も。
「・・・は、っ・・・く、・・・ぅ、ん・・・っん、」
 下から、というのを逆に利用され、いつもと違う角度から攻められる。上唇を食むようについばまれてから吸い上げられ、返す動作で口腔内を舐め取られる。歯列を辿られ、舌の輪郭を辿られ、絡めて吸い立てられる。
 ・・・バーボンの味がする。

 
 

→ BACK
→ NEXT


*お題配布元;【確かに恋だった】さま/そしてまたキスをする/ありがとうございます♪「そしてまたキスをする」で5話続きます。宜しかったらお付き合いくださいv



*拍手クリックで御礼SSに飛びます。
ぽちっと楽しんでいってくださいませ♪

*このお話が気に入ってくださった方はこちらも是非ぽちっと♪
ありがとうございます、大変励みになってます!

*    *    *

Information

Date:2014/07/15
Trackback:0
Comment:10

Comment

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/07/15 【-】  # 

* Re: koさまv

おお、(^o^)マーク・・・♥の回はこれですね♪

で、階段です。
当初は「部屋取るぞ」という勢いだった向井先生をなだめて、新境地を開拓してみました(笑)
長谷川先生にしてみれば、たかが三センチされど三センチ。
自分がいつもされてるような、上の位置から軽く身をかがめてのキスっていうのにこだわりがあったんでしょうねー。
たとえば女の人が相手だったら、長谷川先生だってそういうふうにキスできたと思うし。
でもキスしたい相手は、ねえ、アレなので。

だけどやっぱり引っかかってしまうのが長谷川クオリティ。
これはもう持病ですね。ふう(ため息)
このストッパーをはじき飛ばされた長谷川先生を、いつか書きたいものですが・・・はてさて、いつのことになるやら(笑)
2014/07/15 【なか】 URL #hc9S4FeM [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/07/15 【-】  # 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/07/15 【-】  # 

* Re: あははは~(^o^)

そうそう、孫カテゴリのOUT順だとなんかね、そういうことになってるんですね(*^_^*)
いやー充分です。充分励みになってます(。・ω・。)
私自身なかなか、このテのランキングとかクリックしない(というかする習慣がない)ので、クリックしてくださる方には無条件で感謝を捧げてしまうのですが、OUTで訪問してくださってる方がこれだけいるんだ~って判るので、充分なんです(^^)

で、この後のシリーズ・・・どうしましょうね。
今のが金曜日で終了するんですけど、その後はまっしろだったりして。
これだけ見ていただけているので、何か更新したいんですけど、本館の原稿があまり進んでないという現実もあり。うーんって感じです。うーんうーん。
でも本館に専念したところで、それだけ原稿が進むかというとそうでもないしな(笑)
うーん・・・
ステキお題がたくさんあるので、やっぱり何か書きたいなーと思ってます! ♥三昧とか!(え)

2014/07/15 【なか】 URL #hc9S4FeM [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/07/15 【-】  # 

* Re: ふむふむ

いいことを聞きました(ニヤリ)

♥三昧はまたそのうち、ってことにして、焦る向井先生、いってみましょうか。
司先生にも、そうなんですよ、いい加減登場してもらわないといけないので(登場人物紹介で出てきたっきり放置プレイ・・・)、それもついでに盛り込んで♪

この際、黒い長谷川先生もお見せできるといいですね~(ニヤニヤ)
あら、何だか楽しくなってきました(^o^)
途切れなく更新できるかどうかは今ひとつ謎ですが、なるべく頑張ります!(`・ω・)
2014/07/15 【なか】 URL #hc9S4FeM [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/07/15 【-】  # 

* Re: ありがとうございます~♪

乗ってきましたとも! なんか、これまでになく長くなりそうで、ちょっとわくわくです♪
あ、でも来週にはもう職場復帰なんでした・・・がっくり。あと1ヶ月休みたい!(いやクビになるから、と理性の声が。えー・・・)

ところでムーンさん、わあ! 今見てきました&返信させていただきました! ありがとうございます!
初期のスピンオフのタイトル、もう忘れてますよね~。
私も、あーこういうのもあったなあ、と思いつつ転載してきました(^^)

別館のこの二人も、いつかスピンオフを書けるほどストーリーが肥大化していくんだろうか・・・
いやそれはないですね(え)
あ、司先生を主役にしたらスビンオフになる?
って、いやそれもアリかナシかでいったらナシな気がしますけど、ま、頭のホワイトホールに入れておくだけは入れておきます。
忘れた頃に熟成されて、ネタになって出てくるかも(^^)

2014/07/15 【なか】 URL #hc9S4FeM [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/07/15 【-】  # 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://kisschoko.blog.fc2.com/tb.php/33-235b6609
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)