ただ好きだという、この気持ち。

□ 今だけ在ればいい。 □

そしてまたキスをする-5 間接キスのつづき(1)

「蜂蜜、舐めとけよ」
 そういえば昨夜の別れ際、向井がそう言っていた気がする。と、長谷川はズキズキする頭を指先で支えつつ、ぼんやりと考える。
 でも、なんで蜂蜜? あの人の冗談って時々意味が行方不明だったりするから、昨夜のあれもその類かな。

 ともかく、酒はやっぱり苦手だ。長谷川はしみじみ、そう思う。
 元々あまり強い方じゃないし、好きだというわけでもない。ビールの最初の一杯だけは美味しいと思うが、それ以降はできれば遠慮したいというのが本音だ。
 それなのに、向井といる時につい呑んでしまうのは――

 少しでも、あの人に近づきたいから。
 何もかも同じに、共有したいから。
 単に、それだけ。

「・・・はあ」
 医局には他に人影はなく、おかげで遠慮なくため息もつければ、へたりこむこともできる。自分の机に形ばかり着席し、両肘をついて、それから。長谷川は本格的に頭を抱えた。
 全くのところ、ため息しか出てこない。要するに背伸びしてるってわけだ、俺は。その認識は舌にも胸にも苦くて、ますます食欲がなくなった。
 とにかく、午前中はさんざんだった。吐き気は大したことなかったのだけは幸いだったが、その分頭痛がひどい。当然ながら思考が散漫になりがちで、自分でも苛々するほどだ。患者を前にしている時は無理矢理に集中したが、その分一人になるとドッと揺り返しが来る。
 正午を回って、少しましになってきたのが心底ありがたかった。どうかこのまま、無事一日が過ぎますように。
 
 そう、神とも何ともつかないものに長谷川がお祈りをした、その時。
「よお、調子悪そうだな」
 ぽんと肩を叩かれ、長谷川はびくりとして顔を上げた。反射的に昨夜の断片がフラッシュバックし、つい赤面する。
「向井、先生」

 殆ど無意識にその人の名を辿ってから、慌てて長谷川は立ち上がった。昨夜はいろいろと済みませんでした、と言いつつ会釈したまでは良かったが、盛大な痛みが脳天に抜けて、よろけそうになる。
「おっ・・・と、おい、大丈夫か? その様子だと蜂蜜舐めてないだろう。まあそんな予感はしてたけどな。しかし、なんで俺の言うことを素直にきかないんだ、おまえは」
 さりげなく腕を掴んで支えてくれて、その手をまたさりげなく外しながら、向井がぶつぶつと小言を言う。
 済みません、と半ば反射で謝りながら、長谷川の思考はまるで違う方向へと飛んでいく。ああ今まで向井先生はずっとどこにいたんだろう、今日初めて顔を見た。元気そうだな。良かった。

「こら、聞いてんのか? ・・・ってまあいいや。昼メシは?」
 向井にこう訊かれた後、ようやく脳の動きが追いついた。首を振るとまた頭痛がしそうだったので、頭は固定させたまま言葉だけで答える。
「いえ、今はまだ食欲がないので・・・また様子を見て、何か食べます。あ、水分は摂っているので、大丈夫です」
「うん。ゼリー飲料みたいなもんでも何でもいいから、何か腹に入れとけ。あと、これ。差し入れ」
 
 そう言うなり、向井は右手を持ち上げた。かと思うと、小さなレジ袋が長谷川の机に置かれていて、長谷川は軽く目を見張る。え、と言いつつ袋の中を覗いた時には、向井は既にこちらに背を向けていた。そのままさっさと歩き出してしまうのを、慌てて呼び止める。
「あの、向井先生、・・・これ、」

 ん? と肩越しに振り返り、向井は事も無げに言う。
「二日酔いにはしじみの味噌汁。それと、蜂蜜だ。湯にでも溶かして飲んどけ。それと、ハイチオールCもいいらしいぞ。L-システインが配合されてるから」
「は・・・」
 カップ味噌汁と割り箸、それと小ぶりのチューブに入った蜂蜜。どれも院内の売店で見た覚えのあるものではあったが、それを自分のために買いに行ってきてくれたのかと思うと、胸がじんとするのが判った。
 が、向井はといえば、もう医局を出かかっている。長谷川は慌ててレジ袋を掴むと、向井の後を追いかけた。

 
 

→ BACK
→ NEXT


*お題配布元;【確かに恋だった】さま/そしてまたキスをする/ありがとうございます♪「そしてまたキスをする」で5話続きます。宜しかったらお付き合いくださいv




*拍手クリックで御礼SSに飛びます。
ぽちっと楽しんでいってくださいませ♪

*このお話が気に入ってくださった方はこちらも是非ぽちっと♪
ありがとうございます、大変励みになってます!

*    *    *

Information

Date:2014/07/17
Trackback:0
Comment:2

Comment

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/07/17 【-】  # 

* Re: koさまv

(*^_^*)マークだ~v ありがとうございます♪

蜂蜜。そうなんですって。最近は私もとんと深酒することがなくなったので、試したことはないんですが、どうやら有名な話らしいです。ハイチオールCも。

それにしてもホントですね、鎮痛剤を飲めばいいのにね、長谷川先生(笑)ロキソニンとか。
薬局で一錠だけもらうとか、個人病院じゃないから難しいんでしょうか。
というより、鎮痛剤は二日酔いが原因の頭痛ごときで服用すべきものではない、みたいなお考えがあるのかもしれません。ドクターですから(☆。☆)

そうはいっても頭痛は、原因を問わずツライですよね~。
でも差し入れしてもらったし、もう治ります。ええ。
向井先生→さりげない、長谷川先生→かいがいしい。まさに!(^o^)/
そして、ええ、追いかけるんです。追いかけちゃうんです。おほほほほ。
明日で一応最終回です。また見てやってくださいませ~♪
2014/07/17 【なか】 URL #hc9S4FeM [編集] 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://kisschoko.blog.fc2.com/tb.php/36-27936116
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)