ただ好きだという、この気持ち。

□ 今だけ在ればいい。 □

普通のことしか言ってない-3 「やさしくね」(1)

 俺んちとか。
 向井はごく気楽な調子でその言葉を口にしたが、長谷川にしてみればそれは青天の霹靂だった。ということにさえ、時間をおかなければ気づけなかったくらいに。
 その夜はそのまま、宿泊はせずに解散。帰り際に、次の週末の部屋を取っておこうかという話にもなったが、どうせなら目先の変わったところにしようという結論に達したので、フロントにも寄らなかった。

「泊まってみたいところ、探しとけよ」
 向井はそう言っていたし、たちまちこの次の週末はホテルでゆっくり、ということになるんだと思う。
 だけど、いずれは――もしも彼が本気でああ言ったんだとしたら。

 向井の住居は、病院の近くの賃貸マンションだ。家族とではなく、一人で入居しているということも、勿論その住所も、長谷川は向井から聞いて知っている。けれど、部屋に入れてもらったことはない。行きたいと言ったこともない。
 一方の長谷川も、そこからさほど遠くないマンションで一人暮らしをしている。緊急の呼び出しと縁の切れない仕事だから、病院の近場に住んでいるに越したことはないのだ。特に、何かとこき使われがちな青二才のうちは。
 
 あの人の部屋・・・。 
 そう考えただけで動悸がした。
 そんなところに俺が足を踏み入れていいんだろうか。
 ――おまえはまだそんなことを言ってるのか。
 長谷川がそう考えていることを知ったら、向井はきっとこう言って怒る。その声も、表情すら判る気がする。そういう予想ができる程度には、長谷川は向井の傾向を理解していた。それ以上に、自分の傾向も。

 どうしようもない。自分でもどうにもならない。
 やっぱり、最後の最後で腰が退ける。
 どれほどあの人が扉を開いてくれても、無防備に飛び込んでいくことはできない。どれほど叱られても、たとえこのことが原因で愛想を尽かされても、多分改めることはできない。
 面倒くさい奴だと、自分でも思う。俺ならこんな奴ごめんだ、とも。
 それでも。

「ねえ先生、週末の件なんですけど。ホテルのハシゴなんてどうですか? 週替わりでいろんなホテルに泊まってみるんです」
 あれから数日経った夜。
 病院から少し離れた居酒屋で、向井と落ち合った。暑いし生ビールをグイグイ飲みたいと向井が言うので、それならということで長谷川がここを指定した。店内の大半は仕事帰りのサラリーマンで占められ、残りは学生だ。実際、学生の頃に呑みに行くといったらこういう店に決まっていたし、今でも一人の夜は定食屋の類か、もっと遅くなればこのテの店で食事を済ませる。

 向井もくつろいた様子でネクタイを緩め、生中のジョッキを美味そうに傾けている。早くも一杯目が空きそうな向井のために、店員の視線をつかまえてお代わりを注文してから。殊更に明るい口調で、長谷川は切り出してみた。 
「様子次第では、ちょっとだけなら遠出してみてもいいかもしれませんし。・・・そういうの、どうですか?」
 
「そりゃそれでもいいけど」
 向井はそう言うと、じっと長谷川を見やった。何もかも見透かしているようなその眼差しに、少し背筋がヒヤリとする。
 が、長谷川は、意識して無邪気な表情を取り繕った。
 向井にこう言われるのは想定内だったので、平気な顔で受け止めた。・・・少なくとも、自分ではそのつもりだった。
「俺の部屋は嫌か」
 
 

→ BACK
→ NEXT


*お題配布元;【確かに恋だった】さま/エロくないセリフ5題/ありがとうございます♪ エロいことなんて、言ってないよ?で5話続く予定です。




*拍手クリックで御礼SSに飛びます。
ぽちっと楽しんでいってくださいませ♪

*このお話が気に入ってくださった方はこちらも是非ぽちっと♪
ありがとうございます、大変励みになってます!

*    *    *

Information

Date:2014/07/23
Trackback:0
Comment:4

Comment

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/07/23 【-】  # 

* Re: koさまv

(*^_^*)マークありがとうございます♪

あら、良かった良かったv というかもしかしてkoさま、長谷川先生の「いざとなると及び腰」モードに慣れてきてませんか?(^o^)
まあでも、長谷川先生的には、一度尻込みしますよね。一人暮らしの部屋っていったら、待ったなしのプライベート空間ですもんね。
長谷川先生は、自分の部屋にも人を招き入れることがなかなかできないタイプだと思われます。
外で会う方が気楽、という。

とはいえ向井先生も、そんなことは既に学習済みなので♪
明日のお手並み、見てやって下さい(^^)

それと待機ね、あるんでしょうね~やっぱり。
技師さんとかはありますよね。
ちょっと離れたところでランデブーっていうのは、同じ病院にいる間は無理かもなあ。
となると、遠出デートはどっちかが異動になって、遠恋になってからかな?(〃ω〃)←わけもなくドキドキ♪
そうなると長谷川先生も、部屋に行っちゃいけない気がするとか何とか、そんなことは言ってられなくなりそうですね。
普段は肩肘張って頑張って、向井先生を前にすると張りつめた糸が切れてフニャ~ってなりそうです(妄想むんむん)
2014/07/23 【なか】 URL #hc9S4FeM [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/07/23 【-】  # 

* Re: そうか~

ふむふむ、なるほど~。
やっぱり同じ病院にいる限りは、揃って遠出デートは無理ですね。同じ科ですもんね。
こうなりゃ遠恋しかないな! ひゃほー!(▼∀▼)ニヤリ

私の妄想ではですね、長谷川先生は、向井先生と会うと壊れる。それまでは突っ張って無理して、無理してることにも自分で気づかないくらい無理してて、で、その反動が一気に来るタイプ♪
で、向井先生は、長谷川先生がいないと壊れる(というか暴走する)。長谷川先生の顔を見ると落ち着く。
みたいな感じでしょうか(^o^)
どっちもどっち、お互いに猛獣使いっぽいな~(大笑)

でもなるべく遠恋はさせたくないですね。やっぱり長谷川先生が可哀想←やはり乙女認定のようです(=‐ω‐=)
2014/07/23 【なか】 URL #hc9S4FeM [編集] 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://kisschoko.blog.fc2.com/tb.php/42-a7110e7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)