ただ好きだという、この気持ち。

□ 拍手御礼SS & etc □

バレンタインデー・キス2018-2(2)

 かくて、決戦の――というのも何か変だが、気分的にはこう称するのがぴったりくる――二月十四日。
 どこかのレストランでブルジョアなディナーでも計画しているのかと思ったら、
「いいからうちに帰ってきて。ただし早くね。可能な限り、全力で、早く」
 朝食の席で宏弥はこう言った。それで俺は仕方なく、残業を最小限に切り上げた。

 いつになく早めに帰途についたせいか、普段は閉まっているか、でなくても注意を払ったことのない店にも目が留まってしまう。
 たとえば酒屋。ふらっと入っててしまったのが運の尽き、買うつもりもなかった赤ワインなぞ買ってしまった。
 しかも店員は心得顔に「贈り物ですか?」などと言う。否定するのも面倒で、「ええ、まあ」と答えたら、綺麗に包装された上にボルドーのリボンまで掛けられてしまった。これじゃ本当にプレゼントみたいじゃないか。帰ったらすぐに隠さなければ。

 などといろいろ心乱されつつ帰宅したら。
 ビル一階の動物病院の灯りはまだ点いていた。何だよ、俺には残業するなって言っておいて、自分は時間外診療中か。
 そう舌打ち――もちろん内心だけで――しながら、動物病院の方から入って診察室を覗く。もちろん、ワインの入った長方形の紙袋は慎重に背後へと隠した上で。

 すると宏弥はまだケーシー姿で、黒のロングコートチワワに吠えつかれながら何やら処置をしていた。
 飼い主と思しき初老女性が犬を抑えつけて宥めているが、保定できているとは言い難かった。宏弥もいい加減、助手の類を雇った方がいい。

「あ、渉、おかえり。上でちょっと待ってて」
 それでも宏弥は顔を上げ、俺へと向けて笑ってみせた。
 俺もわずかに口の端を上げ、短く頷く、それから慎重に後ずさりし、宏弥の視界から完全に外れてから回れ右した。

 まあ、急患なら、な。仕方ない。もちろん待ってる。上――ってのは俺たちが暮らす住居フロアだ――で、愛猫・ノエルと一緒に。

 そう思いながら住居部屋のドアを開けると、いつもなら飛んで出てくるノエルがやってこなかった。見ればキッチンで、既にご馳走にありついている。
「お? マグロの刺身か。バレンタインプレゼント、おまえも貰ったんだな」
 エサ皿を覗き込んでそう話しかけてみたが、ノエルは刺身に夢中で、俺のことなど見向きもしてくれなかった。
 しばらくそのままノエルのそばにしゃがみ込んで待ってみた挙げ句、俺は諦めて立ち上がった。手持ち無沙汰なままキッチンをうろつき、何ということもなく冷蔵庫を開けてみる。

 すると、そこには。
 いい感じにサシの入った、高級そうな薄切り肉と、出汁と思しき液体パック、これまた上等そうなポン酢の瓶とごまだれの瓶。それらが整然と鎮座していた。
 何だこれ。いつの間に? そう思いつつ辺りを見回し、「美味しい召し上がり方」と表記された紙片をシンクの上で発見する。
 それによると、この肉は佐賀県産伊万里牛肩ロースで、特製出汁にさっとくぐらせて伊万里牛の脂の旨味をお楽しみ下さい、とあった。
 いわゆるお取り寄せか。俺が喜びそうな、ちょっと特別ないいものを? これが今年の、あいつのバレンタイン・・・ふうん。

 改めて冷蔵庫の中身をチェックしてから、その扉をぱたりと閉めた。次いで俺は立ち上がり、手早くスーツの上着を脱ぐ。おっと、まず手を洗ってこなきゃな。
 野菜はレタスがあったから、あれをざっと刻んで・・・それとノエルに出した残りと思しきマグロの刺身、あれも出して、ああ、カセットコンロ。どこに仕舞ってたっけ? あと何か、肉に合う酒・・・っておあつらえ向きのがあるじゃないか。赤ワイン。

 さあ、何もかも準備万端に調えておこう。そして、急診を終えて上がってきた宏弥に、遅いぞと言ってやろう。
 そうして、いかにもあいつへの贈り物のように、このワインを渡す。うん、完璧だ。
 
 俄に慌ただしく動き回りながら、俺は頭の片隅で考え始めていた。来月のホワイトデーには、今度こそ宏弥のために何か用意してやらなきゃな、と。
 これから一ヶ月かけて考えよう。あいつが感激して泣くような、とびきりのプレゼントを。

 
end.


→ BACK
→ NEXT

にほんブログ村 トラコミュ 大人のためのBL、MLへ
大人のためのBL、ML
にほんブログ村 トラコミュ オリジナルBL小説・・・ストーリー系へ
オリジナルBL小説・・・ストーリー系



*拍手クリックで御礼SSに飛びます。
ぽちっと楽しんでいってくださいませ♪

*このお話が気に入ってくださった方はこちらも是非ぽちっと♪
ありがとうございます、大変励みになってます!

*    *    *

Information

Date:2018/02/09
Trackback:0
Comment:2

Comment

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/02/09 【】  # 

* Re: 天下一の意地っ張り男です☆

hちゃんこんばんは~♪

いやはや、またコケてしまったよ(^^;)しかも今回は朝の出勤時に!
市電を降りて横断歩道を渡りきって、歩道に上がったところでいきなりこけました。しかも、コートの両ポケットに手を入れてたもんだから、顎を打ってすりむきました(; ;)
咄嗟に上を向いたんだろうねー。メガネは無事でした。あと、顔の他のところも。いや、上唇の中心のとこをちょっとすりむいたな。

それと携帯が! ほぼ真っ二つに折れました(゚д゚)! 私の身代わりになったのか!
simカードもどっかに吹っ飛んで行方不明。
どっちにしても、スマホにして以来データのバックアップ作業を一回もしてなかったので、simカードが無事だったとしても復元できるデータは2年前のやつ。役に立たんがな!

でもグーグルアカウントの方から、アドレス帳だけはダウンロードできた(つーかショップのお姉さんがダウンロードしてくれた)ので、それだけでも良かったわー。
ああ、でもでも、亡き猫・しろの写真が~(><) とらの若い頃の写真も全て全滅(><)
ううう、仕方ないね。思い出は心の中に(´・ω・`)

ともあれそんなわけで、去年の9月に捻挫した左足首をまたやりました。しかもご丁寧に、仕事中にも課内でもう一回こけて、同じく左足首を本格的にぐねりました。痛い~(; >д<)
あと両膝も、これは9月の時に比べると微々たるものではあるけど、すりむきましたよーん。タイツは無事だったのになあ。

でも一番深刻なのは顎だなー。
擦り傷と、あと打撲のため青紫になってます。顎全体じゃなくて一部分だけど、顎ひげをタテに一部剃り残したみたいなことになっとる(´д`|||)
それから、右の歯でものを食べると、頭骸骨の顎と側頭部との接続部分(って伝わってる?)が痛いです~。どういう打ち方をしたのか自分でも謎なんだけど、打ったときに何らかの衝撃がガツーンといったものと思われます。

あ、でも、いいことが1つあって、ここんとこ私をこてんぱんにしてた先輩事務員さんが、今日は優しくいろいろと気遣ってくれた(^^;)
もしやこの効果を狙って、守護霊さまが私のこと突き飛ばしたんじゃあるまいな。23年前に昇天したうちの母と、去年春に昇天したしろのしわざか!? んもー、暴力的解決はやめて。私の身体でそゆことするのはやめて~(´Д`)

それでも明日は乳腺外科に行くのです! 予約してあるからね!
そしてあさっては、姪っ子の大学の卒業制作展示を見に尾道に行く予定なのです!
ひーん、乳腺外科はともかく、尾道は病欠したい~。姉と父だけで行ってくれんかな。駄目だろうな・・・何せ私は、祖母代理ということになっているので。うひーん。

そんなこんなで、新しい携帯(折れたやつはもちろん修理不可、買い換えになりました)の設定をしてたらリコメが遅くなっちゃった。ごめんよ~。
さてさて渉くん、うんうん、hちゃんの拍手コメントに深く同意。成長したよねー!
意地っ張りは相変わらずだけどねー!(笑)

で、そうなの、ホワイトデーについては今までノーマークだったなあと。
余力があれば、今年はちょろちょろと書いてみたい気もしてますが、うーん、それはその時の状況次第ね(^^;)
ともあれ渉くんは宏弥くんに何かしてあげるようです♡
なんだろな、結局ブルジョナジーな豪華ディナーになってそうだな。渉くん、発想が貧困そうだからねえ。
で、意外にマナーばっちりでエレガントに食事する宏弥くんを見て惚れ直すの(〃ω〃)

・・・ああ、顎が痛い・・・左足首も痛い(面白いくらいパンパンに腫れてます)・・・寝るわね。
2018/02/09 【なか】 URL #CRMl/nHo [編集] 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:https://kisschoko.blog.fc2.com/tb.php/1322-16dc5590
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)