ただ好きだという、この気持ち。

□ 今だけ在ればいい。 □

ワンダフルライフ(65)

「も、お・・・向井先生、」
 せっかく止まっていた涙がまたあふれそうになって、長谷川は慌ててティッシュを引き出すと顔に押し当てた。目だけを出して、向井を睨む。
「格好良すぎです」
「まあな」

 向井はというと照れた様子もなく、ふふんという調子で笑った。そうして、今度は優しく、長谷川の髪を掻き上げてくれる。
「おまえは仕事でなら複眼的に思考できるのに、プライベートとなるとどうしてそうも視野狭窄に陥るんだ。立場を逆にして考えてみろ、パートナー問題で家族と揉めて絶縁寸前になってるのが俺だとしたら?」

 言われて初めて、長谷川も考えた。結論はあまりにも明白で、そのまま口からこぼれてしまう。
「・・・絶対阻止します」
「だろ」
 ほらみろと言いたげな向井の表情がくやしくて、長谷川はムッと唇を尖らせた。でもそれは、と、言い訳という名の悪足掻きを試みる。

「向井先生は一人っ子で、一人息子だから。ご両親から奪うわけにはいかないじゃないですか」
「おまえだって一人息子なんだろ。ご両親から奪うわけにはいかない」
「うちは上と下に女の子がいますし、上は結婚して義理の息子ができてますから」
「それだ」
「え?」

 単なる繰り言だと自覚していた会話に、急転回の兆しが見えて、長谷川はティッシュで鼻を抑えたまま目を瞬いた。
 一方の向井はいきなり真顔になって、長谷川の目を覗き込んでくる。
「負けるつもりがないからこそ、作戦の精度を上げておきたい。最大の難関はご両親だろ。事前に埋められる外堀があるとしたら、兄弟――いや姉妹か、そっちだよな。あと義理の兄貴。ついでに従姉妹」
「はっ?」


→ BACK
→ NEXT

にほんブログ村 トラコミュ 大人のためのBL、MLへ
大人のためのBL、ML
にほんブログ村 トラコミュ オリジナルBL小説・・・ストーリー系へ
オリジナルBL小説・・・ストーリー系



*拍手クリックで御礼SSに飛びます。
ぽちっと楽しんでいってくださいませ♪

*このお話が気に入ってくださった方はこちらも是非ぽちっと♪
ありがとうございます、大変励みになってます!

*    *    *

Information

Date:2018/04/16
Trackback:0
Comment:4

Comment

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/04/16 【】  # 

* Re: 呪!リュック発明した奴!(いきなりすみません)

hちゃんこんばんは~♪

弟は今朝帰って行きましたー! ウェルカムいつもの静かな生活ー!(ばんざい)
や、定期的な帰省+女子ならいいのよ。問題は図体ばっかでかくて何もしない男よ。(ぷんすか)
そういう奴ら限って、満員電車の中でクソでかいリュックを堂々と背負って場所をふさいだりすんのよ。←行き帰りの市電はそういうガキやらおっさんやらであふれておる。
私はもう、そういう奴らのリュックになすりつけてやりたいがために、ただそれだけのために、電車に乗るときにガムを噛もうかと本気で検討しておる。
先刻もいたんだ、そういうクソガキどもが。疲れとストレスて我慢がきかず、真剣に殺意を覚えましたよ♡

ああいかん、際限なくギスギスしていく~(´・ω・`)
気を取り直して、今日の新婚さんの話をしましょう♪
かっこよすぎです、だって長谷川先生ったら! でもそれを向井先生も平然と受けるのね!(^o^)
この人たちは電車の中ではリュックを前背負いまたは下ろして足の下に収納するんだろうな♡ てかそれ以前にリュックなんか背負わないわよね!(リュックが憎くて仕方ない今の私)

で、そうだよねー、自分より相手の方が大事だよねー(^o^)
向井先生ったら、長谷川先生にはあんなこと言っといて、家族と揉めてるのが自分だったらサクッと家族と縁を切って終わりにしそうだわ(ひい~)
でもでも、その前に! そうです、戦ですよ(*^_^*)
勝つための作戦を練る理系の二人なのです。応援してやってくだされ♪
2018/04/16 【なか】 URL #hc9S4FeM [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/04/16 【】  # 

* Re: 「ガッチリ粘着するガム」で検索しても、出てくるのはそのガムを取る方法ばかり。

hちゃん! 昨日の愚痴っぽいリコメにもリコメのリコメしてくれてたのね! ありがとーう(感涙)
私も昔は、母亡き後も兄やら弟やらと同居していた筈なのに、トシかしらね~。甚だしくキャパ縮小!(^o^;)
てかあれだ、仕事でいっぱい我慢して帰ってきて、更に家でも1人になれる時間を削られるっていう状況が、私の場合ダメみたい。結婚できないわけだわね~(^^)ゞ

そんでリュックはさ、両手があくし、いいとこもたくさんあるんだろうと思うのー。
電車にも背負ったまま乗るんなら、座席に対して水平に立つならいいと思うのー。(でもそんな人が隣にいたら気持ち悪いけど)
本当はチャックを開けておいてヒヤッとさせてやりたいところを、妥協してガムの妄想で我慢しています(`A´)

あああ、それよりさ、向井先生が長谷川先生の立場だったら、のhちゃん予想、するどすぎて大笑いでした!
まさに、まさに~!!
話すべきことはきっちり話すけど、それでもダメだったらスッパリ縁切るね☆
自分はやれることをした、じゅあ仕方ないさよならだ、って向井先生らしすぎて・・・!
思わず惚れそうになりましたわ(*^_^*)
2018/04/17 【なか】 URL #hc9S4FeM [編集] 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:https://kisschoko.blog.fc2.com/tb.php/1389-592f22b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)