ただ好きだという、この気持ち。

□ 今だけ在ればいい。 □

ワンダフルライフ(90)

 一方の向井は、淡々としたままだ。淡々と、寒いなあと呟きながら無造作に右手を伸ばし、長谷川の左手をつかまえて自分のコートのポケットへと突っ込む。

「え、っと、今日はありがとうございました。・・・嬉しかったです。いろいろと」
 少し動揺しながらも、長谷川は向井の手をふりほどく気にはなれなかった。それどころか、無意識に指を絡めてしまっていて、そんな自分にまた少し動揺する。
「俺はちょっと恥ずかしかったな。でも、全部ほんとのことだから、しょうがないよな」

 今こうして、夜の街を手をつないで歩くことは恥ずかしくないんだろうか。
 長谷川はそうも思ったが、じゃあ離れて歩くかと言われるのが嫌で、口には出さなかった。

 向井もまた、しっかりと長谷川と手のひらを合わせてくれる。長谷川の薬指、指輪のあたりで自分の指を立て、くすぐるように撫でてくれたりもする。
 その仕種のどれもが嬉しくて、長谷川はふふっと笑った。

「先生、恥ずかしそうになんか全然見えなかったですよ。堂々としてて、僕としては、その、」
 言いにくくて口ごもった言葉の先を、向井の微笑混じりの声音が辿る。
「惚れ直したか?」
「自分でそれ言いますか」
 咄嗟にそう返して、長谷川は笑った。そして、それに紛らわせるようにして小さく、こくんと頷いた。

 今が夜で良かった、と思う。街はネオンで明るいけれど、車も人もまだまだたくさんいるけれど、それでも真っ赤になったこの顔を少しは隠してくれる。
 寄り添って歩く向井の右手の先と長谷川の左手の先とが、一つのポケットの中へと消えていることも。


→ BACK
→ NEXT

にほんブログ村 トラコミュ 大人のためのBL、MLへ
大人のためのBL、ML
にほんブログ村 トラコミュ オリジナルBL小説・・・ストーリー系へ
オリジナルBL小説・・・ストーリー系



*拍手クリックで御礼SSに飛びます。
ぽちっと楽しんでいってくださいませ♪

*このお話が気に入ってくださった方はこちらも是非ぽちっと♪
ありがとうございます、大変励みになってます!

*    *    *

Information

Date:2018/05/11
Trackback:0
Comment:2

Comment

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/05/11 【】  # 

* Re: 惚れ直したって言って欲しい向井先生o(^o^)o

hちゃんこんばんは~♪
やっと!やっと今週終了ですよ!疲れたー(>_<)
明日辺り美容院に行けばいいのですが、来週と再来週はそれぞれ父と私の眼科受診があるので明日を逃すと当分行かれないのですが、でも行かない‼️
髪の毛なんぞぐりんぐりんになるがよいわ‼️

というわけで週末はだらだらと、植物とたわむれたり昼寝したり、あと出来れば原稿したりしまっす。って出来ればかい←原稿。

さてさて、今日の手繋ぎカポー。
そうだねー、向井先生、ほっとしたかったんだね♪
敵陣脱出&生還を実感したかったのもきっとあるね♪
長谷川先生はもう、言うに及ばず!

早く二人きりになってラブラブするといいのに、それはちょっと後の回になります(^^;
てなわけで明日もお楽しみに~♪
2018/05/11 【なか】 URL #hc9S4FeM [編集] 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:https://kisschoko.blog.fc2.com/tb.php/1414-059e1f98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)