ただ好きだという、この気持ち。

□ ごめんなさい大好きです □

もう一度、もう二度と(22)

 済みません、と、急に弱々しくなった声で付け加えられて、司は自然に微笑していた。続く言葉もすんなりと口から滑り出た。
「謝ることないよ。むしろありがとう。無条件で学の味方をしてくれる人がいて、良かった」

 雨の降る屋外にいるのに、電話の向こうで長谷川の喉が短く鳴るのが聞き取れた。ごめんね、と改めて思う。
 長谷川先生にまでこんな思いをさせて、ごめん。

「今日、帰りに寄らせていただきます。・・・いいかな」
 そろそろ話を切り上げなければ。そう思い、司も努めて事務的な口調でこう言った。長谷川も、はい、と辛うじて普通の声で答える。
『お待ちしてます。・・・うちは何時になっても大丈夫ですから、とうぞお気兼ねなく』

 ありがとう、ともう一度言い、一拍おいてから。司は電話を切った。
 このままもう、身動きひとつできない気がした。午後の勤務をこなして、もしも突発的ながあれば対応して、その後向井と長谷川の住むマンションまで移動する――そんなことは不可能だと心底思った。
 けれど。

 こうしている間にも、きっと学は書店で働いている。そう思うと、何でもできる気がした。
 実際に、外壁から背中を離し、足を踏みしめて立つこともできた。院内へと続くドアを開け、雨に濡れないよう素早く中に入ることも。続けて、廊下を歩き出すことも。

 ひとつひとつの動作をこなしながら、それができることに驚いている――そんな自分が可笑しくて、司は唇の端をかすかに上げた。
 学、と、心の中で語りかけてみる。

 こんなになっても、おまえのことを想うだけで、俺は「近衛司」でいられるんだよ。
 こんなになっても俺は――

 おまえだけが好きだよ。


→ BACK
→ NEXT

にほんブログ村 トラコミュ 大人のためのBL、MLへ
大人のためのBL、ML
にほんブログ村 トラコミュ オリジナルBL小説・・・ストーリー系へ
オリジナルBL小説・・・ストーリー系



*拍手クリックで御礼SSに飛びます。
ぽちっと楽しんでいってくださいませ♪

*このお話が気に入ってくださった方はこちらも是非ぽちっと♪
ありがとうございます、大変励みになってます!

*    *    *

Information

Date:2018/09/28
Trackback:0
Comment:2

Comment

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/09/28 【】  # 

* Re: 可愛いね可愛いね~(≧∇≦)

hちゃんこんばんは~♪

なんか風邪ひいたかも?(´・ω・`)鼻水がずるずるで喉が痛くてちょっと熱っぽいのです(でも熱はない)。
とりあえず鼻水を止めるべく、鼻炎の薬を飲んだらもう眠くて眠くて!
ああ~今週末は薬飲んでだらだら寝ていたい・・・台風来るし・・・だらだらしたい~けどそしたら更新が止まる~~(><)

ところでカレンダー&手帳、月曜始まりだと土日がくっついて印刷されてるから、土日セットに予定が入りやすい人はいいみたいね~。あとビジネカマン?
私は単に慣れの問題で、日曜始まりが好きだけど(^^;)
それと、月曜始まりだと月曜から一週間スタートでいきなりエンジン全開にしなきゃいけない感じでしんどいのでイヤだけど(^^;;)

でも学校ももう週休二日が定着したし、月曜始まりのが優勢なのは世のならいなのでしょうか。
ま、私は日曜始まりを使いますけども☆

さてさて、今日も司先生、なんかもうけなげというか哀れというか(; ;)
長谷川先生は学くんの味方で、じゃあ向井先生は? ちょっと気になるところでね♡
近衛学! なんかステキ!(≧∇≦)
乙女モード炸裂の長谷川先生可愛いね♪ 大丈夫、学くんも長谷川先生も、実質はもうそっちの名前だから!(`・ω・)キリッ
2018/09/28 【なか】 URL #hc9S4FeM [編集] 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:https://kisschoko.blog.fc2.com/tb.php/1559-a732d095
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)