ただ好きだという、この気持ち。

□ ごめんなさい大好きです □

もう一度、もう二度と(24)

 うん、と司は頷いた。
 両手でくるむようにして持ったカップが、ちゃんとあたたかく感じられることを確かめつつ、言葉を押し出す。
「ずっと考えてるんだけど。やっぱり俺は、ここだけは譲れない。学があの男と会うのは反対だ。学がそれを聞き入れられないなら、」

「聞き入れられないなら?」
 淡々とした、けれど容赦のない声音で促してきたのは向井だ。
 答えようとして口を開いたものの、言葉にならなくて絶句した司の代わりに、長谷川が発言する。

「学くんはきっと、ここを乗り越えないと前に進めないんです。危険があることは学くんも承知してます。昨夜、その辺も含めてじっくり話しました。それでも、学くんの気持ちは変わりませんでした。だったら、危険を極力減らして、学くんに協力することはできませんか」

「長谷川」
 話す相手が違っても、向井の声は先刻と変わらなかった。同じく淡々としていて、同じく容赦なかった。
「危険を減らす、っておまえは簡単に言うけど、具体的にはどうやるんだ?」
「そ、れは、」

 一瞬口ごもったものの、長谷川はすぐに言葉を継いだ。長谷川もまた考えていたのだろう。どうすればいいのか、ずっと。

「先方とは示談が成立しているんでしょう? 今回もその関連ということで、双方の代理人に立ち会ってもらうのはどうですか?」
「それじゃ嫌だと向こうが言ったら?」
「その時は――違う方法を考えるしか」
「違う方法って何だ? なあなあで誤魔化して、学くんの態度が軟化するのを待つのか? 言っておくけどそれは望み薄だと思うぞ。ここを乗り越えないと前に進めないんだろう? 周りがどれだけお膳立てしようとしても、すり抜けて一人で行っちまうかもしれない。下手に迎合するようなことを言ってたら尚更、自分は間違ってないと思って突っ走るかもしれないんだ。それで何かあったら責任が取れるのか、おまえは?」


→ BACK
→ NEXT

にほんブログ村 トラコミュ 大人のためのBL、MLへ
大人のためのBL、ML
にほんブログ村 トラコミュ オリジナルBL小説・・・ストーリー系へ
オリジナルBL小説・・・ストーリー系



*拍手クリックで御礼SSに飛びます。
ぽちっと楽しんでいってくださいませ♪

*このお話が気に入ってくださった方はこちらも是非ぽちっと♪
ありがとうございます、大変励みになってます!

*    *    *

Information

Date:2018/09/30
Trackback:0
Comment:2

Comment

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/09/30 【】  # 

* Re: 今日も難しい・・・(><)

hちゃんこんばんは~♪
そして浮き世の義理、2週続けてお疲れ様!(><)

チャーミーね、こちらでは早々に避難勧告が出たり、それなりに雨風強かったりもしたものの、何とかやり過ごせた・・・かな?
川も、水量が増えて勢いも激しいし、上流の土砂を含んで濁りまくりだけど、何とか持ちこたえた・・・かな?
このまま過ぎてくれることを祈るばかりです(><)

でもやっぱり被害出たね(泣)冠水、道路陥没、建造物倒壊・・・「ひーっ!」て気持ち、判ります(T_T)
どうかどうか、これ以上ひどいことになりませんように!

さてさて・・・
今日も八方ふさがりで、何ともはや・・・ちなみに明日もまだこんな感じ。つかまだしばらくこんな感じ・・・ごめんねごめんね!
原稿の進行状況との兼ね合いで、細切れ気味にしてるもんだから、余計にトンネルが長くなってしまってて。ほんと申し訳ないですm(_ _)m

向井先生はね、そうなんだよね、立場的には司先生だからね~。
どうしてもそっち寄りの目線になってしまうよね。

どっちの主張も、うん、判る・・・難しいね・・・。
ああ~、1ヶ月くらい休みが欲しいな! 日々の疲れを誤魔化しつつ書くのは、こういうシリアスものだとほんと大変っす(´・ω・`)
けどとりあえず、今週分だけは原稿できました(その先はないけど)。
そんなわけで明日もお目にかかれます! 細切れだけどね!←コラ
宜しくお願いしまっす!
2018/09/30 【なか】 URL #hc9S4FeM [編集] 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:https://kisschoko.blog.fc2.com/tb.php/1561-fff33cb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)