ただ好きだという、この気持ち。

□ ごめんなさい大好きです □

もう一度、もう二度と(27)

「・・・うん。そうだね」
 相変わらず仕切るのが上手いな、と思ったら、自然に口角が上がっていた。そのことに一拍遅れて気づき、今度は意志を込めて微笑む。
 それから。

「学を宜しくお願いします」
 こう言って深々と頭を下げた司に、向井は相変わらず淡々とした声音ではいと言った。
「合い鍵、もう渡してありますので。むしろ俺たちの方が、学くんの世話になりそうですよ。今朝も今夜も、食事を作ってくれました。旨かったです」
 そして長谷川は、

「あっあの、学くんからことづかってるものが!」
 司と入れ替わりに顔を上げたらしく、忙しない声でこう言うと立ち上がった。急ぎ足でキッチンへ行き、ばたばたと冷蔵庫を開閉してからまた戻ってくる。

 その手には、大きなレジ袋が提げられていた。がさりと音を立てて、司の前にそれを置く。
「冷蔵庫や冷凍庫に入ってる作り置きは何でも食べてください、だそうです。でもそれもたくさんはないから、これを持って帰ってもらってくださいって、学くんが」
 覗き込んでみると、総菜のパックが幾つも入っていた。パックの蓋には、中身が何なのかがマジックで書いてある。
 ひとつひとつ、全部に。懐かしい学の字で。

「例の総菜屋さんのおかずです。近衛先生が夜に来るって知ってすぐ、学くん、走って買いに行ってきたんです」


→ BACK
→ NEXT

にほんブログ村 トラコミュ 大人のためのBL、MLへ
大人のためのBL、ML
にほんブログ村 トラコミュ オリジナルBL小説・・・ストーリー系へ
オリジナルBL小説・・・ストーリー系



*拍手クリックで御礼SSに飛びます。
ぽちっと楽しんでいってくださいませ♪

*このお話が気に入ってくださった方はこちらも是非ぽちっと♪
ありがとうございます、大変励みになってます!

*    *    *

Information

Date:2018/10/03
Trackback:0
Comment:3

Comment

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/10/03 【】  # 

* さち子ママさま♪

おおお・・・! 拍手の方に初コメントありがとうございます!
前々から読んでくださってたんですね~、わああい嬉しい! 感涙です(^o^)

てへ、切ない気持ちにさせてしまいましたか♡
学くんと司先生、お互いにこんなにお互いのことを想ってるのに、どうして一緒にいられないんでしょう←こら作者

早くラブになりますようにとお祈りしていただいたので、私も頑張って早くこの2人を再びラブに・・・! なるといいな・・・

あ、いえ、多分(多分!?)大丈夫です。作者が引き離そうとどんなに策略を巡らせても、2人でものすごく頑張ってまたくっつきます。多分(多分!??)

でもそれにはまだしばらくかかりそうですし、何かの気の迷いで別れてしまったりする可能性もゼロではないと思うので(縁起でもないーー)、どうか引き続き見守ってやってくださいませ。
なにとぞ宜しくお願いしますm(_ _)m
2018/10/03 【なか】 URL #hc9S4FeM [編集] 

* Re: hちゃん♪

hちゃんこんばんは~♪

今日も頭痛・・・!(><) 早く早く治りますようにーー!
私の風邪はさ、日にち薬というか、どうしても時間がかかっちゃう部分もあるので仕方ないけど、頭痛はイヤだよね~(´・ω・`)
またまた接近しつつある台風のせいとかもあったりするのかな?
とにもかくにも、1日でも早い快復をお祈りしておりますよ!

さてさて、今日は学くんがけなげでねえ、もう・・・(; ;)
『もう一品』で、あれもこれもっていろいろ買い込んできたんだね。保存するのに向いてそうなのを厳選しつつ。ええ子や~ええ子すぎる~(; >д<)

でも、そうなのよ、向井&長谷川家で落ち着いてちゃいけないのよ!
早くおうちにお帰り~!
2018/10/03 【なか】 URL #hc9S4FeM [編集] 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:https://kisschoko.blog.fc2.com/tb.php/1564-93d4ddd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)