ただ好きだという、この気持ち。

□ ごめんなさい大好きです □

もう一度、もう二度と(29)

 その翌日は、司が悶々と悩んでいることも含めて、変わりなく過ぎた――かに見えた。
 しかし、夕方になって異変が起きた。ちょうど検査中で応答できなかったのだが、司の個人携帯に大島からの留守電が入っていたのである。

 さすがの学も、司の訪問を受けては何でもない振りをしていられなくなったらしい。
 息子の様子がおかしいことに気づいた大島は、どうやら強く問い質したようで――頭ごなしに学を叱りつけたりしていないといいのだがと司は思わずにいられない――、聞いている方が申し訳なくなるような声で詫びていた。事情を知らずにいたことと、学が迷惑をかけていることを。

 もちろん司は、それからすぐに折り返した。ただし店の電話ではなく、大島の個人携帯に。この辺り、俺はつくづくヘタレだなと思う。
 大島はすぐに応答したものの、少々お待ちくださいと言ってから数秒無音状態になった。恐らく、店番を学に任せて、外かどこかに出たのだろう。

 それだけでも申し訳なかったと思っている司に、大島は、今夜にでも司を訪ねて行っていいかと訊いてきた。
 大島には、現在のマンションに入居する際に保証人になってもらっているし、転居後に招いてもいたから、場所も経路も判ると言う。
『できれば人の耳のないところでお話したいので・・・いえ、お部屋じゃない方がよければ、どこでも指定していただいた場所に行きますので』

 司は恐縮して、自分が大島書店もしくは大島の住居へ行くと言ったのだが。
『いえ、私から伺います。うちに寄っていると、道中だけで一時間はロスするでしょう。勤務後でお疲れなのに、これ以上ご負担をかけるわけにはいきません』
 そこはお互い様ですからという司の言葉は、聞き入れてもらえなかった。
 結局は根負けする形で、司はその夜、大島の訪問を受けることになったのだった。
 
 かくて。
 司と学が暮らすマンションにやって来た大島は、玄関で深々と一礼した。
「本当にこのたびは愚息が・・・何とお詫びしたらいいのか、本当に・・・」


→ BACK
→ NEXT

にほんブログ村 トラコミュ 大人のためのBL、MLへ
大人のためのBL、ML
にほんブログ村 トラコミュ オリジナルBL小説・・・ストーリー系へ
オリジナルBL小説・・・ストーリー系



*拍手クリックで御礼SSに飛びます。
ぽちっと楽しんでいってくださいませ♪

*このお話が気に入ってくださった方はこちらも是非ぽちっと♪
ありがとうございます、大変励みになってます!

*    *    *

Information

Date:2018/10/05
Trackback:0
Comment:2

Comment

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/10/05 【】  # 

* Re: 父登場

hちゃん、昼休みにこんにちは♪
なんか最近暑いよね? 今日も暑くて、半袖で仕事してますよ私(>_<)
台風もねー、ほんとどうなるやら・・何事もなく過ぎますように!

ごはんの献立は、ほら、うちは老父と二人だから、基本私の食べたいものが食卓に上がります(^_^;)
昔は料理番組とかオレンジページとか見て作ってみたりしてたのに、今は全然よ。食に対する興味があんまりないのかしらん?

さてさて。
今日は学父が出てきました(>_<)
なんか波紋が広がってきたねえ。ドキドキするねえ←おい作者

そろそろ原稿のストックが切れる頃で、私もこの先どうなるかあやふやなのです(書いてみないとわからんという)。
この三連休でできるだけ進めておきたい!
台風で洪水や停電になりませんように。なむ~
2018/10/05 【なか】 URL #- 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:https://kisschoko.blog.fc2.com/tb.php/1566-e063760f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)