ただ好きだという、この気持ち。

□ ごめんなさい大好きです □

もう一度、もう二度と(53)

 かくて、その翌朝。
 二人揃って腫らした瞼を笑い合って、冷たい濡れタオルを押しつけ合った。

「司さんが使ってください。俺のは単に泣き寝入りしただけのやつだから、冷やしたりしなくたって勝手に治まるし」
「学が使わなきゃ駄目だよ、客商売なんだから。俺こそ放っときゃ自然に治る。ただの寝不足なんだから」
「判った、判りました。じゃ、もう一枚タオルを絞ってきますから。一緒に冷やしましょ」

 そんなふうにして始まったその日。
 午後になって手が空くとすぐ、司は電話を二本かけた。

 一本目は長谷川だ。
 つながらなかったら留守電にメッセージを吹き込んですぐに切るつもりで、呼び出し音を数える。
 しかし長谷川はすぐに応答した。待っていたのだろう。前回こうして、司が長谷川に電話をかけた時と同じく。

『・・・そうですか。良かったです』
 学が無事帰宅したことと、ちゃんと話をしたことを告げ、感謝の言葉を口にした司に対し、長谷川は微笑混じりの声音を返してきた。

 言葉はごくシンプルだったが、そこにはいろんな想いがこめられているのが司には判った。思わず、こんな言葉が口をつく。
「あのさ。・・・この前も、長谷川先生にはメールじゃなく電話したけど。あの時と今とは、違うから」
『・・・はい?』


→ BACK
→ NEXT

にほんブログ村 トラコミュ 大人のためのBL、MLへ
大人のためのBL、ML
にほんブログ村 トラコミュ オリジナルBL小説・・・ストーリー系へ
オリジナルBL小説・・・ストーリー系



*拍手クリックで御礼SSに飛びます。
ぽちっと楽しんでいってくださいませ♪

*このお話が気に入ってくださった方はこちらも是非ぽちっと♪
ありがとうございます、大変励みになってます!

*    *    *

Information

Date:2018/10/29
Trackback:0
Comment:2

Comment

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/10/29 【】  # 

* Re: 違うといきなり言い張る司先生☆

hちゃんこんばんは~♪

聞いて聞いて! とらが、ちゅーるを食べたよー!
さすが、全ての猫が好きだと言われる名品! 他の、高カロリー流動食は見向きもしなかった(普段のごはんもちろん見向きもしなかった)のに、ちゅーるだけは食べた!

父に聞くと、昼間は窓際にヨロヨロと歩み出て、ひなたぼっこもしていたとか。
顔は相変わらず、猫相が変わったままなんですが。
で、これはもしかしたら、まだいけるのかも・・・と思い、急いで仕事から帰ってかかりつけの獣医さんで注射をしてもらいました。
普段なら、そしてちょっとくらいのデコの腫れなら、この注射で引くんだけどねー。
どうだろうか・・・ともかくとらが少しでもラクに過ごせるなら、それが何よりです(T_T)

姉もねえ・・・とりあえず、女性のみなさんは乳がん検診を受けましょうと言っておこう(^^;)
私も、ってこれ言ってたっけ? 今年の正月に、右側にコリコリするものがあるのを発見して、マンモしてもらっただよ。
幸いにも悪いものではなかったのですが、一年に一度は必ず乳がん検診を受けなさいと言われたー。次、2月にまた行くよー。

で、とりあえず職場と派遣会社に事情を話したところ、入院日の午後(主治医からの説明があるのだ)と手術日と退院日は休ませてもらえることになりました。ありがたや。
母もがんで亡くしてるし(大腸でしたが)、うちは父方・母方ともにがん家系なので、病気で死ぬとしたらがんだろうなと思ってたけど・・・今はとにかく、その時できる最善のことを手探りしつつ、姉と姪っ子のサポートに徹します☆

さてさて。
濡れタオルの押し付け合い(^^) 愛のある光景だよね(^ω^)
そして律儀にお礼の電話をかける司先生。穏やかに受ける長谷川先生。これもまた愛のある光景ですな(^^)
で、前回の電話と今回のは違うんだって!(≧∇≦)
そのココロは? 明日をお楽しみにー!
2018/10/29 【なか】 URL #hc9S4FeM [編集] 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:https://kisschoko.blog.fc2.com/tb.php/1590-27a03c82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)